« 北朝鮮製だろうが米国製だろうが | トップページ | ロード・オブ・ウォー »

就職に関する意識調査アンケート

日本では欧米に比べて学位取得者が全く報われないという状況は一向に改善されない。特に、文系社会であるこの国において、理系はさらに厳しい立場に置かれている。この現状を打開しようというよりも、日本の技術の国際競争力を維持することを目的に、企業への学位取得者の就職を推進しようという計画があるようだ。

北海道大学が「文部科学省委託事業:科学技術人材のキャリアパス多様化促進事業」に採択され、「基礎科学人材社会活躍推進計画」を進めているという。そこで、「企業の大学院博士後期課程の学生および博士研究員に対する意識」をつかむ必要があるらしく、アンケートの依頼を受けた。

しかし、このアンケートは変わっており、この計画を進めているS-cubicが各専攻就職担当教員、指導教員かCOEグループ担当を経由して、DCやPD個人にアンケートを依頼。そして回収は逆に、指導教員かCOEグループ担当、各専攻就職担当教員を経由してS-cubicに渡される。氏名、出身大学、生年月日、住所、連絡先まで個人情報を提供するアンケートを、どうして指導教員らにチェックされる必要があるのだろうか。「キャリアパス」という一見気の利いた言葉を用いて、プライバシーの侵害ともとれるアンケートには違和感を感じる。

問題のアンケートの内容だが、つい笑ってしまうほどに面白かったので、ここでいくつか紹介する。

[1]あなたはどのような分野に就職を希望していますか。下の項目の()内に優先順位を記入してください。


  • ()大学教員
  • ()国公立の研究所・試験所
  • ()企業での研究職
  • ()中・高校教員
  • ()就職したくない
  • ()その他(具体例を記入してください)

[3]あなたが就職先を選ぶ場合、その動機として以下の項目で強く思う順に、()内に数字を記入してください。


  • ()収益に結びつく研究をしたい
  • ()世の中に直接(見える形で)役立ちたい、学んだことを役立てたい
  • ()将来、経営に加わりたい
  • ()大学のポストは無理だから
  • ()大学はもうこりごり
  • ()なんとなく
  • ()その他(具体例:

さすがに、馬鹿正直に書いて指導教員には見せられない。COEのアンケートは無記名だったので、COEや指導教員に対しては好き勝手に批判したのだけれど、卒業がかかっていると思うとなかなかそうもできない。その意味では、派遣OLとそれほど変わらないということか。とりあえず、協力する義務はないので、ちょっと様子を見よう。来週は指導教員もドイツだし。

|

« 北朝鮮製だろうが米国製だろうが | トップページ | ロード・オブ・ウォー »

コメント

この学生を馬鹿にしたような粗末な内容のアンケートには本当に呆れて笑ってしまうね。とくに以下の問い↓。

<どのような分野に就職希望してるか>
>()就職したくない

大学は本気で就職したくない学生(それもDC、PD)がいるとでも思っているのだろうか。

<就職動機>
>()大学のポストは無理だから
>()大学はもうこりごり

極めて偏見に満ちた内容の選択肢。「大学はもうこりごり」なんて、子供っぽい選択肢をよくつくったもんだ。

>()なんとなく

なんとなく就職する人がいるとでも?


このアンケートは就職に対する意識調査とは到底呼べないと思う。なぜなら、安定した就職が難しい現状や、ドクターを取得した者にとってそれに見合う仕事内容・就職先がほとんどない社会状況について一切言及せず、数少ない項目に無理やり当てはめさせるやり方をしているのだから。しかも、その項目には、上に挙げたように、返答に窮するバリエーションの乏しい選択肢ばかり用意されている。

大学が、DC、PDの就職というものを、大学や国公立の研究員(とはいっても民営化&独立行政法人)や企業戦士(つまり勝ち組)になるか、学校の先生かその他(負け組み)になるか、その程度にしか考えていないことの現われではないだろうか。

大学(University)とは何だろう?
大学とは本来何をするところなのだろう?
”universe”とは、大宇宙、ある問題に対する全要素、総合的な(学問)領域のことを指し、物事の本質(普遍的価値)をあらゆる角度から、とことん模索・追求していくことを意味する。それは、間違っても、企業と結びついて、企業で即戦力になれる戦士を大量生産する場ではない。

>日本の技術の国際競争力を維持することを目的に、企業への学位取得者の就職を推進しようという計画がある

→正常なアンケート結果をもとに、大学の進むべき道を皆で考えていくのが本筋なのに、最初から目的のためにアンケートをしているようだ。

投稿: paz | 2006年7月19日 (水) 15時27分

pazさん、コメントありがとうございます。

本気で就職したくなくて、大学はもうこりごりで、なんとなく就職しようとしているDCが実はここにいるんですよ。自分の心を見透かされたようで怖いですが。

企業戦士が勝ち組かどうかは微妙なところだと思いますが、頭でっかちな学位持ちよりも、企業の「ニーズ」を理解できる柔軟な人材が必要なのは間違いないでしょう。ただ、エリートは一握りでいいので、大量生産されることはないと思います。依然小さな枠を競って、いかに企業にとって「役に立つか」をアピールすることになるのだと思います。

投稿: H本 | 2006年7月19日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職に関する意識調査アンケート:

« 北朝鮮製だろうが米国製だろうが | トップページ | ロード・オブ・ウォー »