« サイドエッジシャープナー | トップページ | 07/2/24 札幌国際 »

04/5/30 平山

なつかしスキー動画第5弾。もう、なつかしいというほど昔じゃなくなってきた。

発音は似ているけれど、ヒマラヤじゃなくてヒラヤマ(平山)。北大雪でシーズンラストを迎えた。メンバーは相棒のO田とY口さん。Y口さんとは、このシーズンにルスツで一緒に滑ったのに続いて2回目だった。

実は、春のバックカントリーはこの時が初めて。スキーを担いでつぼ足で登るのは初体験だった。夏山登山に使っている39Lのザックにブーツを入れて、スキーを取り付けるとかなりの重さになって、不安になったんじゃなかったっけ。この時、板はまだSALOMONのScream 8 Pilotで結構重かった。ウェアはmont-bellの黄色いカッパ。後にも先にも、スキーで着たのはこの時だけだな。あと、確か夏道を登れるという予想で、長靴ではなく登山靴にした。これが失敗だったんだけど。勝手がよく分からないので、ずいぶんO田に聞いた気がする。

アプローチは場所が場所だけに、5時出発で高速道路を使ったはず。林道が通れるようになっていたので、登山口に車を置いて、そこから夏道を登った。でも、いくらもしないうちに夏道は残雪に埋もれて、下を雪解け水が音を立てて流れる沢を歩いて登る。今思えば、かなり危なかったな。先行しているおじさんたちもいた。

Dscf0006
転けたらヤバいと思って結構ビビってた。

Dscf0027
この花なんだっけ?

稜線の辺りはハイマツが出ているので、荷物をデポしてピークまで歩いた。稜線に出るとさすがに風が強かった。確か、一人で登っていた北大出身の人とピークで会ったのを覚えている。稜線からは、隣にニセイカウシュペのエクストリームな斜面が見えていた。「今度はあそこを滑ろう」なんて話してたっけ。

ピークから戻ったら、下で買って来たインスタントラーメンをO田のコンロで作って食べた。それなりに身体が冷えているので、こういうのがありがたかった。

Dscf0133
燃料補給中。

食い終わったらいよいよ滑降。一足先に、おじさんたちは尻滑りで下っていた。薄曇りで少し霞んだ山並みに向かって滑り降りる。とにかく、この時期にこんなところを滑るのは初めてで、かなりビビってた。

Dscf0137
ビビって重心が高いH本。

Dscf0152
Y口さんは流してたのかな。

040530hirayama_o
もうお馴染み、O田のベガカービング。

ビデオ (18340.1K)

沢の底の方まで降りると、何やら雪渓に開いた空洞の下に「ゴォー」という大きな音を立てて流れる水が見える。こんなところを滑って越えるのは、これで最後にしよう。最後は夏道なので、結局、板を脱いで登山靴に履き替えて車まで辿り着いた。

Dscf0159
ゴォー。

Dscf0163
おつかれさま。

滑った後は恒例の温泉。この日は愛別の協和温泉に行った気がする。温泉の湧出量が少なくて、温泉は小さな湯船が一つだけで、そのことを知らないで温泉に入り損ねたはず。違ったっけ?帰りは疲れていたので、O田とY口さんに運転してもらった。う〜ん、助かる。

なお、写真はO田撮影のものを使用。

|

« サイドエッジシャープナー | トップページ | 07/2/24 札幌国際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/5462386

この記事へのトラックバック一覧です: 04/5/30 平山:

« サイドエッジシャープナー | トップページ | 07/2/24 札幌国際 »