« 07/7/27 ニトヌプリ | トップページ | それでも生きる子供たちへ »

第28回 2007年朝日新聞 HTB花火大会

土曜日の天気が思わしくないので登山は中止になった。そこで、夕食の後で急いで準備をして花火大会に行って来た。といっても、人混みは嫌いだし、夜景も一緒に撮りたかったので、家から自転車で5分程度のところに陣取った。

最初、どこにするか迷っていて、試しにもう腰を下ろしてるおばちゃんに訊いたら、遠くてもそこから見えることを教えてもらった。おじちゃんには、自転車なんだから近くまで行くように言われたので、それもそうだと思い、土手を下りて会場の方へ近づいて行った。札幌なのだから、テレビ塔が見えるところを探しているうちに、結局、おばちゃんの近くがいいことに気付いて戻った。さすがはおばちゃんだ。

家を出る前にちょっと調べてカメラの設定は済ませていた。観客がフレームに入らないように三脚を調節して、撮影の準備が整うとすぐに花火大会が始まった。花火大会は3年ぶりで、撮るのもその時以来。花火にタイミングも合わずに翻弄されていた。そもそも花火がどこから打ち上げられるかもよく分からなかったけれど、それほど外れてはいなかったようだ。けれども、やっぱりちょっと遠かった。花火もテレビ塔も小さい。

HTBなので、恒例のドラえもん花火もあったけれど、タイミングが合わなかった。顔とかハートの花火もあったけれど、こういう花火はシャッタースピードが遅いと軌跡になって、何か分からなくなってしまった。携帯のカメラで普通に撮った方が、きれいに見えそうだ。

ハートなんだけど……
ハートなんだけど……。

フィニッシュ
ついにフィニッシュ。

豊平川の土手の道路は、違法な路上駐車を取り締まるために、パトカーが度々回って来ていた。運動会の時と一緒だ。札幌にも、自分のことしか考えない人がいっぱいいる。また、花火大会の最中も、時折選挙カーからの声が遠くから聞こえて来た。2人区の北海道選挙区には8人も立候補しているから、6人は間違いなく散ることになる。誰に投票すべきか、前日になってもまだ気持ちが固まらない。

|

« 07/7/27 ニトヌプリ | トップページ | それでも生きる子供たちへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 2007年朝日新聞 HTB花火大会:

« 07/7/27 ニトヌプリ | トップページ | それでも生きる子供たちへ »