« SwarovSKI? | トップページ | リサイクルショップ »

宝探し

理学部ローンでビーコンを使って宝探しゲームをした。S木くんのPIEPSのお手並み拝見。

PIEPS
S木くんのPIEPS。

Ortovox vs PIEPS
まずは、Ortovox x1 H本 vs PIEPS S木。


S木くんはすぐに電波を拾ってそのままダッシュ。H本はようやく電波を拾って電気力線?に沿って接近する。

Win
スタートからほぼ1分でS木くんがあっさり発見。H本はその約5 m手前だった。PIEPS S木強し。ビーコン使ったの初めてなのに。


続いて、Ortovox x1対決。Ortovoxが予想以上に受信範囲が狭いことに気付いたので、H本は慎重に電波を探す一方、Oはダッシュ。

Win
意外にもOが探していた場所には埋まっておらず、そこから5 mほど離れた場所でH本が発見。スタートから約2分。やっぱりPIEPSと比べるとOrtovoxの性能は心細い。

ダッシュ
今度はPIEPSとOrtovoxをチェンジして対戦。スタートの合図とともに、Oはダッシュして一直線に埋めた場所へ近づき、そのまま通り過ぎてしまった。ちょっと経ってOが戻って来た頃、S木くんもOrtovoxを持ってやって来た。

Win
ほどなくOが発見。スタートから約1分。Oが通り過ぎて行ったのは、「まさかこんなに早く見つかるはずがないだろう」と思ったからだそうだ。恐るべしPIEPS。

次に複数埋没実験として、Ortovoxを2個少し離して埋めて、PIEPSで探してもらうことにした。


PIEPSに表示される電波の数は実際より多いようだったけど、1個目を2分弱で難なく発見。詳細は分からないけど、見つけたビーコンの電波をキャンセル?して、2個目を探す。


そして、ちょっと経って2個目も見つけ出した。マニュアルDVDで使い方をマスターしていたS木くんもエラいが、PIEPSの性能は確かにいいようだ。


最後に、Ortovoxで複数埋没の条件で探してみた。


Oは2分半でPIEPSを発見するけれど、2個目を探すときに1個目の電波が邪魔して2個目の電波を拾うのに手こずった。


しばらくしてようやく2個目を発見。スタートから4分半。

2人以上近い場所で埋まった場合、PIEPSがないならまずすぐに掘り起こしてビーコンのスイッチを切らないと、Ortovoxだと探せないんじゃないかと思った。そんなわけで、山に行く時はできるたけPIEPSER S木くんと一緒に行くようにしよう。今回は訓練なんてもんじゃなく、使い方を思い出すのが目的だったので、まあこんなもんでいいだろう。

探している時は集中しているから気付かないけど、たまに通り過ぎる人の視線がちょっと気になった。大の大人が雪の上を走り回っているのって、何やってるか知らない人からすると変だろうな。

さて、日曜日に天気が良ければ三段山か前十勝岳。天気が良くなければ富良野岳。初山だ。

|

« SwarovSKI? | トップページ | リサイクルショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/9489021

この記事へのトラックバック一覧です: 宝探し:

« SwarovSKI? | トップページ | リサイクルショップ »