« VL-MR1 PRO逝く | トップページ | 08/1/6 旭岳 »

08/1/4 羊蹄山

正月休みに1回はどこか山へ行きたいと思っていたので、羊蹄山に行って来た。

5時にO宅を暗い中出発して、吹雪の中山峠を越えて、真狩の墓地には7時前に到着。その頃には辺りも明るくなって来たけれど、さすがに時間が早かったのか他に車はなくて一番乗りだった。

あけおめことよろ

ダラダラと準備をして、7:40に登頂開始。林道には前日までのトレースが残っていて、新雪は5 cmほど。トレースを進んで砂防ダムに着いて少し休憩。

砂防ダム

ここからちょっと迷って、隣の尾根(神社ノ沢コース)を登ることになった。こっちにもトレースがあるので、途中までは使わせてもらった。登っていると、時々青空から陽射しが現れて、風で冷えた体が温められる。西風が強いので、尾根の東側に回って風を凌ぎながら登った。1000 mくらいまで登り、クリスマスツリーが見える辺りで沢を越えて隣の尾根に復帰した。嬉しい悲鳴というか、期待以上に雪が深くてラッセルがしんどい。先シーズンはありがたかったな。

たまの青空

陽射しの中で休憩

遠く望むクリスマスツリー

白樺

何度か滑った見覚えのある斜面に出たので、そこからひたすら高度を上げる。吹雪がひどくなって来たので、1300 mまで登ってそこから滑ることにした。時間はちょうど12時。

滑る斜面は吹きだまりになっていて、弱層テストをするのに掘ったら、アイスバーンの層まで80 cmくらいの積雪があった。インチキシャベルテストでは15 cmくらいに肘。ハンドテストでは20 cmに肘。さらに30 cm下に肩。Oも同じ層だけど、どちらも手首だった。個人差だろうか。斜度もないし、ブッシュもあるのでそのまま滑った。

雪像

今回デジイチを持って来たので、前半ビデオカメラで、後半デジイチにした。どっちにしても、このクソ寒い中撮影なんてするもんじゃなかった。指先ばかりか、体まで冷えきった。フリースの胸ポケットに入れておいた替えのバッテリーもすぐに使えなくなってしまった。こんな日にデジイチは無理だと思った。

雪質は風のせいかとても重い。吹きだまってないところはアイスバーンに底付きして滑りにくい。残念ながら、快適とは言えないパウダーだった。

フェイスショット

ビデオ (6955.2K)

オープンな斜面を滑り終えて、薮の中を下山して行くと、また迷ってしまった。細い尾根に出てしまい、沢をいくつか越えて、最初登るはずだった尾根(墓地ノ沢コース)にようやくたどりついた。そこからはトレースをたどって林道を抜け、車まで戻った。14:30になっていた。

無事下山

その後、寒いので真狩温泉に行って暖まった。

|

« VL-MR1 PRO逝く | トップページ | 08/1/6 旭岳 »

コメント

Oは何で滑ってるの?まさかベガ?
うますぎる。

投稿: soto | 2008年1月 5日 (土) 14時45分

この滑りを見て、ベガを履いているとは誰も思わないだろうね。ベガで1級とったらカッチョイイと思わない?

投稿: H本 | 2008年1月 5日 (土) 16時53分

まじでベガなの!?すげーすごすぎる。
三段山のビデオ見てOが一番上手いと思ってしまったぞ。一番沈んでるからそう見えるのかな?

投稿: soto | 2008年1月 6日 (日) 01時31分

見えた通りなんじゃない?少なくとも、一番気持ち良さそうだ。

投稿: H本 | 2008年1月 6日 (日) 22時46分

>H本
デジ一とビデオでいい絵を撮ってくれてありがとう。撮影では指も体も凍りついたけど、とても記念になるね。ベガで1級なら、不整地(こぶ)をどうにかすればいけるんじゃないかな。テクニカル以上は…ちょっと無理かな…。

>soto
久しぶり!ベガもまだ結構イケてるでしょ。上から4番目の座ってる写真には、懐かしきジルブレッタ300が写ってる。どちらも、2000年の無意根ツアーに参加するために買い揃えたもの。正直ファット+ディアミールが喉から手が出るくらいほしいけれど、もうしばらくはこれで辛抱するよ。来月やっちが来るみたいだけど、また一緒に滑ろう。今年もヨロシク!

投稿: O | 2008年1月 7日 (月) 11時05分

Oにはファット+ジルブレッタ300に挑戦して欲しいけど。

投稿: H本 | 2008年1月 8日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/9717318

この記事へのトラックバック一覧です: 08/1/4 羊蹄山:

« VL-MR1 PRO逝く | トップページ | 08/1/6 旭岳 »