« 札幌国際スノーフェスティバル | トップページ | 08/3/15 札幌国際 »

「執着するもとのもの」を捨て去る

百年の愚行(普及版)は1年以上前に買って途中までは目を通したけれど、ページをめくるのが辛くなってそのままにしていた。今回、ひとに薦めようと思って、覚悟を決めて最後まで見てみた。

この本は、Think the Earth プロジェクトによって作られた写真集だ。20世紀を振り返り、現実に目を向けるために選ばれた100枚の写真で構成される。

百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]Book百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]

著者:池澤 夏樹,アッバス・キアロスタミ,フリーマン・ダイソン,鄭 義,クロード・レヴィ=ストロース,小崎 哲哉,Think the Earth Project
販売元:Think the Earthプロジェクト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

喜ぶべきか悲しむべきか、100枚の写真の中に、水俣の廃液、広島・長崎の原爆、神戸の空襲と並んで、北海道の写真も選ばれている。p.102の「狂牛病問題で流通が止められ、倉庫に山積みとなった肉骨粉」だ。

20世紀を振り返るといっても、ただ闇雲に時系列に沿うわけでもなく、無意味に分類するわけでもない。この本には明確な主張があり、目次からもそれを読み取ることができる。

WATER
AIR
EARTH
ANIMAL
MASS PRODUCTION / CONSUMPTION
NUCLEAR / TECHNOLOGY
WAR
PERSECUTION
REFUGEE
POVERTY

この本には10のコラムが写真に添えられている。その最後のコラム「これからの100年に向けて」では、「ブッダのことば スッタニパーダ」(中村 元 訳)を引用して読者に問いかける。

 悪魔パーピマンがいった、
「……人間の執着するもとのものは喜びである。執着するもとのものがない人は、実に喜ぶことがない。」
 師は答えた、
「……実に人間の憂いは執着するもとのものである。執着するもとのものがない人は、実に憂うることがない。」

われわれはまず、「執着するもとのもの」を捨て去るべきではないだろうか。

教祖のことばを思い出した。

失うものは童貞だけだ!

|

« 札幌国際スノーフェスティバル | トップページ | 08/3/15 札幌国際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/11337384

この記事へのトラックバック一覧です: 「執着するもとのもの」を捨て去る:

« 札幌国際スノーフェスティバル | トップページ | 08/3/15 札幌国際 »