« 08/4/20 キロロ | トップページ | ゲレンデ下部の閉鎖 »

ビロウドツリアブ

庭の花を撮ろうと思ったら、見かけない虫が蜜を吸いに来ていた。とりあえず、パシャパシャとシャッターを切った。空中で静止する飛び方なので、飛び回る虫よりはファインダーに捕らえやすいけれど、やっぱり自由自在に飛び回るものは撮るのが難しい。結局、花の蜜を吸っているところしかまともに撮れなかった。

ビロウドツリアブ

ビロウドツリアブ

ビロウドツリアブ

知らない虫を撮ったら、何はともあれ「札幌の昆虫」で調べてみる。すると、どうやらp. 192に載っているハエ目ツリアブ科のビロウドツリアブらしい。同じページにホバリングしている写真も載っているので、おそらく間違いないだろう。長い口吻やホバリングしている様子が、アメリカで見たハチドリを思い出す。鳥と昆虫で全然違うのに、同じような進化をしたんだから面白い。

札幌の昆虫Book札幌の昆虫

著者:木野田 君公
販売元:北海道大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 08/4/20 キロロ | トップページ | ゲレンデ下部の閉鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/20441658

この記事へのトラックバック一覧です: ビロウドツリアブ:

« 08/4/20 キロロ | トップページ | ゲレンデ下部の閉鎖 »