« 愛冠岬 | トップページ | 霧多布湿原 »

あやめヶ原

愛冠岬からいったん市街地に戻ってから、霧多布の方へ車を走らせてしばらく林の中を進むと、左手に駐車場の入口が見えて来た。駐車場には、さっき愛冠岬にもいた中高年カメラ軍団のバスが停まっていた。

普段は馬が放牧されているらしいけど、この日は全然見あたらなかった。アヤメは三分咲きだったけれど、アヤメがだんだん霧に溶け込んで行くところが幻想的だった。

あやめヶ原

あやめヶ原

あやめヶ原

あやめヶ原

柵の側には、アヤメとは対照的に毒々しい派手な色の花が咲いていた。エゾスカシユリという名前も印象的で覚えやすい。

エゾスカシユリ

エゾスカシユリ

鳴き声のする方に目を凝らすと、霧の中で小鳥が留まっていた。

ヤマブキショウマ
ヤマブキショウマ。

アヤメの側をよく見ると、スミレも咲いていた。

あやめヶ原でゆっくりしすぎて遅くなったので、慌てて霧多布湿原へ向かった。

新北海道の花Book新北海道の花

著者:梅沢 俊
販売元:有限中間法人 北海道大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 愛冠岬 | トップページ | 霧多布湿原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやめヶ原:

« 愛冠岬 | トップページ | 霧多布湿原 »