« MからAへ | トップページ | 脱退宣言 »

09/2/8 ばんけい

朝起きたら、窓の外は吹雪いていた。玄関の前にも、昨夜からの雪が20 cm近く積もっている。音江山はパウダーなんだろうなぁ。でも、天気悪いなぁ。そう思いながら、検定前講習へ行く準備をした。どうせばんけいもモサモサぐちゃぐちゃで、講習もまともにできないんじゃないかと思ってテンションが下がった。

9時すぎには受付するように言われていたので、指示通りにスクールの受付で受講を申し込んだ。もらったゼッケンは10番。集合時間の10時までは少し時間があったので、オレンジで検定バーンを滑ることにした。

雪が降りしきっていて風も強く、視界が悪い。1本流した後でスラバンへ行ってみると、コブがならされていた。コブではない不整地になっていた。ここで不整地大回りを何回か滑ったけど、前日のカント調整のおかげで、すごく調子がよかった。それからセンターへ移動して、集合場所へ向った。もうちらちらゼッケンを付けた人たちが集まって来ていた。

テクの講習の受講者は全部で18人で、体操の後すぐオレンジへ移動した。スラバンで検定と講習の説明を聞いてから、不整地大回りと不整地小回りをやった。不整地大回りの1本目で、右ターンでいきなり内足が雪にとられて開放。そのままS藤先生へ向けてヘッドスライディングした。どうやら、これで右の手首を痛めたようだ。次の不整地小回りでは手首は何ともなくて、それから何本か教師張り付きで回して滑った。不整地大回りも、2本目でまた転倒したけど、指導を聞いて修正して合格。不整地小回りも指導に従って修正して行くと、K泉先生には気持ち悪いくらいに褒められた。技術選DVDで見たように、コブで弧を描くのがSAJ的には評価が高いようだ。スピードを出すと、より高得点を狙えるらしい。その後の総合滑降では、不整地大回りから不整地小回りへの切り替えが難しかった。一応、オッケーは出たけど、今日のコンディションで下まで減速しないで行くのがなかなか難しい。冷静にダメ出しする?S藤先生と褒めて伸ばす?K泉先生とのバランスの取れた組み合わせだったのかも。

午前中の講習が終わって、レストランで中華丼を食べた。早く出て来たし、味もまあまあだった。腹が膨れて少しゆっくりしたかったけれど、さすがに日曜日は混んでいるので、早めにゲレンデへ戻って、スラバンで総合滑降の練習をした。その後センターリフトに乗って、集合時間の13:15に朝と同じ場所へ移動した。また、体操してからすぐにオレンジへ。

ところが、天気はさらに悪くなって来た。強風で停止したり動いても減速運転。営業停止の可能性を示唆するアナウンスも入った。そんなわけで、モーグルバーンへ移って整地大回りと整地小回りの講習に入った。整地といっても、今日のばんけいのどこを探しても整地なんてない。結局、また不整地大回りと不整地小回りになった。検定バーンの確認だけ。その後、通称三壁へ移動して整地中回りの講習。ここは少しだけマシだった。しかも、予想外にまたK泉先生に褒められた。その後、また張り付きで回して滑ったときも、「スクールで教わったの?」「アルペンレーサーだったの?」っと、全く予想もしなかった質問をされた。スラバンで不整地小回りと不整地大回りをしてみても、今度はS藤先生までいい評価。ちゃんとできてるから、荒れてる斜面で講習なんかで怪我しないようにと、抑えて滑るように言われる。これは何度も転倒したからかもしれないけど。実際、今度は中回りの方でコース脇の雪で板が開放して転倒してしまった。手を前にがっしり出すように言われたので、手を意識していたら足がお留守になってしまった。大回りでもそうだったけど、意外にこれまでの猫背滑りの方が評価が高そうだ。

15時すぎまでひたすら不整地を滑りまくって講習が終わった。受講者18人のレベルは、去年のテク検定より高い気がする。1割から2割程度、本当に1級受かったのか怪しい人もいたけど、全体的に不整地を滑る技術も気合いも高かった。

結果として、思っていたより講習はよかった。初めは事前講習修了証を買うつもりで受けたけど、カント調整後の滑りを調整してもらえた。それに、散々煽てられたので、帰りに迷わずテクの検定を申し込んで来た。まんまとはめられた?

|

« MからAへ | トップページ | 脱退宣言 »

コメント

音江山,天気も雪もよかったです.山としても凄くよくて,絶対にまた行きたい山です.今回は一寸トラブルがありまして,またまた経験値上昇です!

検定のほうは多分大丈夫だと思うので,軽く流して滑ってね.不整地大回りでやたらこけてるのが気になります.こけるとその種目は大体-3ptだと思っていいみたいです.キロロアカデミーのごっつい姉さんが言ってました.H本君の場合は1種目こけても合格すると思いますが,消極的に滑ったとしても,どんなにひどくてもせいぜい-1pt.高い受験料だし,確実にいこうか.

投稿: H多 | 2009年2月 8日 (日) 21時19分

>H多さん

音江山はよかったみたいですね。ぜひ今度連れて行ってください。今週末でもいいですよ。

トラブルについて詳しくは検定の後にでもお願いします。今後の山行の参考にしたいので。

検定に備えて、とりあえずビンディングの開放値を7からアップします。今日は練習だと思って攻めすぎました。ブーツの調子がいいんですよ。

投稿: H本 | 2009年2月 8日 (日) 21時39分

整地大回り・・・力まずに
整地小回り・・・問題なし
不整地大回り・・・板を外さぬように
不整地小回り・・・問題なし
中回り・・・リズム良く
総滑・・・ぶっ飛んで来てください

抑えろといっても難しいと思いますが、
安定感を出して滑ってください。

めざせトップ合格!!

投稿: えすき | 2009年2月 9日 (月) 21時56分

>えすきくん

中回りではびっくりするほどべた褒めされちゃった。「中回りという種目をよく理解している」だって。そんなに褒めてくれるんなら、もう講習でテクくれちゃってもいいんだけどなぁ。

えすきくんたちのおかげでここまで来れて感謝してるけど、なんでみんな「トップ合格」とかって焚き付けるの?本気で狙っちゃうよ。で、激しく転倒とか。ヘルメットかぶって検定受けようかな。

投稿: H本 | 2009年2月 9日 (月) 22時50分

板にもよるとおもうけど,三壁を気持ちよく滑ったら自動的に中回りだよね?

投稿: H多 | 2009年2月10日 (火) 09時23分

>H多さん

そうなんですけど、なぜか講習ではリズムが速い人が多く、逆に、遅い人もチラチラいました。検定バーンを滑り慣れてそうなスクールの人が多かったので、不思議です。

当たり前ですが、板は基礎板1本で行きます。板マニアとしては、整地は基礎板で、不整地小回りはコブ板、不整地大回りはファットで行きたいところでしたが。

投稿: H本 | 2009年2月10日 (火) 10時29分

アドバイスはしない(無い)が
プレッシャーだけは、かけてみたい、
ばか親でございます。

普通に滑れば合格だと思います。
それだけに落ちたらキモイと思います。


じゃ、そういうことでよろしく!!

投稿: ば | 2009年2月10日 (火) 12時41分

>ばか親さん

「落ちたらキモイ」は無意識に読み飛ばしていました。今日、ロッヂで悠らりさんに言われるまで、全然知りませんでした。

投稿: H本 | 2009年2月11日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58841/27896095

この記事へのトラックバック一覧です: 09/2/8 ばんけい:

« MからAへ | トップページ | 脱退宣言 »