« 21世紀の世界と日本の座標軸 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー 2009 »

クラッシュ・オプ・ザ・イヤー 2009 審査員特別賞

今年も開催するクラッシュ・オプ・ザ・イヤー 2009 (COTY 2009)。08-09シーズンに撮影されたクラッシュシーンから独断でノミネートシーンを選び出して適当に編集し、昨夜の飲み会で上映した。審査員はいつもの5人で、えすきくん、H多さん、エンサヤさん、悠らりさんに自分が加わる。

08-09シーズンからは、えすきくんが撮影した映像は、自分では編集やアップロードをしなくなったので、いくつかノミネートシーンを入れ忘れてしまった。また、準備の時間が短くてクラッシュシーンを羅列しただけになってしまったので、審査しづらい映像になってしまった気がする。一応、審査結果は出たけれど、企画として今ひとつだったので、後日ビデオの再編集も行った上で改めてクラッシュ・オプ・ザ・イヤー 2009を決定しようと思う。

ただし、審査委員長である自分(勝手に決めた)から、H多さんに審査員特別賞を贈るのは昨夜の通り。受賞理由は、クラッシュによる怪我人を山から担いで滑り降り、パーティー全員の命を救った功績を讃えて。もちろん、他のメンバーの協力があってこそだと思うけれど、H多さんの体力と筋力がなければ無理だったことを考えると、審査員特別賞はH多さんが代表して受け取るべきだと勝手に判断した。

審査員特別賞といっても、何たってケチな自分が考えたものだから、贈られた賞品もケチなもの。とはいえ、企画の趣旨と実用性を考慮して、湿布を贈呈。クラッシャーへの手当にも、来シーズンのクラッシュ・オブ・ザ・イヤーを目指して怪我をしたときにも使えるナイスな選択だと、これまた自分で勝手に決めた。そういえば、去年、クラッシュ・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いたシッシーくんに、賞品を贈るのを忘れていた。ごめんなさい。

|

« 21世紀の世界と日本の座標軸 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 21世紀の世界と日本の座標軸 | トップページ | クラッシュ・オブ・ザ・イヤー 2009 »