« 09/6/1 御大師山 | トップページ | バド24 »

簡単な調理

簡単な調理ができると聞くと、いったいどんなメニューを思い浮かべるだろう?野菜炒めだろうか?それともビーフストロガノフだろうか?最近は、パスタにチキンのトマト煮、さらにはケーキとか、主婦顔負けの料理を度々ご馳走してもらったので、自分は「料理ができる」とは恥ずかしくてなかなか言えなくなってしまった。とはいえ、昼食と夕食を毎日自分で作っているわけだから、少なくとも「簡単な調理ができる」くらいは言ってもよさそうだ。

月曜日の昼は出かけていて家にいなかったので、グランマは前日の夕食の残りをレンジで温めて食べることになっていた。ところが、家に帰ってみると、ドアが開けっ放しのレンジの中に視線が吸い込まれた。丸皿の上には真っ黒に焦げた跡が付いている。不思議に思って何を食べたか聞いてみると、ジャガイモを温めて食べたのだそうだ。どうやったら、レンジでジャガイモが丸皿に焦げ付くのだろう?しつこく訊くとへそを曲げてしまうので、それ以上は訊けなかった。

グランマが4月に受けた要介護認定の面談結果が、先月区役所から送られて来た。結果は要介護どころか、なんと要支援1。要介護1は無理だと予想はしていたけれど、まさか、要支援2で留まることもできずに、要支援1まで下げられて軽く評価されるとは思わなかった。

原因は、4月から要介護認定の判断基準が改訂されたためだ。レンジで食べ物を温めることができれば、簡単な調理ができるとみなされる。病院での会計や、薬局での支払いができれば、買い物ができるとみなされてしまった。できるかできないかだけで判断されて、介護の専門家ではない福祉課の職員がチャックシートを埋めて、それをコンピューターで計算して要介護度が決まる。以前は、その後に行われる認定審査会で、専門家の議論を経て要介護度をより正確に評価して重くすることも多かったらしいが、今では現場に厚労省からの強い圧力がかかって、重くすることはまずできないという。つまり、いったんコンピューターが計算した要介護度は、ほとんどそのままで決まってしまうということだ。必要な人からサービスを奪い、余した保険料を基金として溜め込んでいるのが今の介護保険制度の実態だ。

さて、グランマはいつまで簡単な調理ができるだろうか。

NHK きょうの料理 2009年 06月号 [雑誌]BookNHK きょうの料理 2009年 06月号 [雑誌]

販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 09/6/1 御大師山 | トップページ | バド24 »

コメント

相変わらずお国批判が好きだね。
そういうH本は社会に貢献できてるの?

投稿: soto | 2009年6月 3日 (水) 21時57分

>soto

大量消費と大量廃棄で
「社会」に大いに貢献してるよ。

投稿: H本 | 2009年6月 3日 (水) 22時00分

あーそんな財源があるってことはニートじゃなくなったのか。今何やってるの?ってコメントで聞くことではないね。

投稿: soto | 2009年6月 4日 (木) 01時07分

>soto

住民登録しているニートの財源はもちろん定額給付金だ。
ありがとう!公明党。

「コメントで聞くことではないね」って
コメントするのが面白いよ。

sotoは何をやって社会に貢献してるの?
ってコメントで聞くことではないね。

投稿: H本 | 2009年6月 4日 (木) 06時36分

所得税とか?

投稿: soto | 2009年6月12日 (金) 00時50分

>soto

あえてまじめに応えるけど
税金は使われ方をちゃんと考えないとダメだよね。
sotoが汗水垂らして稼いだお金から天引きされた税金が
社会に貢献していなかったとしたら詐欺だよね。
でも、どうしたら社会に貢献できるんだろうね?

ところで
おかげさまで、週1でデイサービスは受けられるようになったよ。
興味ないだろうけど
sotoもあと10年くらい経てば
保険料を天引きされるようになるしね。

投稿: H本 | 2009年6月12日 (金) 09時20分

H本は本来働き盛りの年齢なのに、あんまり税金収めてないんでしょ?なのに(祖母の介護に)お金くれって権利主張してるわけでしょ。間違ってないけど違和感感じたのさ。

保険料って何の保険料?

投稿: soto | 2009年6月14日 (日) 00時57分

>soto

勘違いしているようだけど
オレが主張しているのは
祖母を含めた高齢者が
納めた保険料に見合ったサービスを
受けられるようにすべきだということ。
自分の権利を主張しているわけじゃない。

マイケル・ムーアの映画「シッコ」で話題になったと思うけど
アメリカの医療保険会社は保険料をしっかり取るけれど
いざ被保険者が病気になって保険金を請求しても
いちゃもんを付けて一銭も払わずに
被保険者は死んでしまうというのと似た話。
厚生労働省は都合よく介護認定基準を改定して
被保険者が受けられるサービスをどんどん削っている。
その一方で、低く抑えた介護報酬のおかげで
介護保険は黒字運営で基金の形で利益をため込んでるのは
「派遣切り」の裏で内部留保をため込む大企業とそっくり。

言葉足らずで悪かったね。
保険料というのは介護保険料のこと。
40歳から介護保険料を天引きされるようになる。
ただし、介護保険のサービスを受けられるのは65歳以上で
例えば、65歳未満で若年性認知症になり介護が必要になっても
サービスを受けることはできない。
もともと厚労省が
「コスト」がかさむ高齢者医療を切り離して
自己負担にしたのが介護保険制度なので
介護サービスは基本的に高齢者しか対象にしていない。

投稿: H本 | 2009年6月14日 (日) 01時34分

要はニートやめて働けっていうのを遠回しにいっていたんだけど。

ごめんねからんで。

投稿: soto | 2009年6月15日 (月) 01時44分

>soto

えー、何?やっぱりひがんでたんだ。

ブログでからまれたんじゃなかったら
からかったりはしなかったんだけどね。

投稿: H本 | 2009年6月15日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 09/6/1 御大師山 | トップページ | バド24 »