« ラブレター | トップページ | 大学教育って…… »

ウニのスパゲッティ

火曜日の朝、小樽の南樽市場で見つけた食材で料理を作るという番組がやっていた。北海道だから新鮮な食材を探しているのは分かるけど、ウニとかカニとか、普通の家庭で普段食卓に上がる食材じゃないので、あまり真剣に見なかった。

でも、たまたま月曜日にママンが厚田で殻に入ったウニを買って来て、せっせと身を取り出したものが冷蔵庫に入っていた。せっかくウニがあるのだからと、レシピを見て作ってみようかと思ったら、なぜかレシピのアップは翌日水曜日の午後と書いてあった。生クリームを使うことだけは覚えていたので、買い物のときに一緒に買って来た。帰って来るとレシピがアップされていたので見てみると、アンチョビを使うと書いてある。

アンチョビって何?日ごろおしゃれな食事をしていないので、アンチョビなんて分からない。調べてみると、英語でカタクチイワシのことをanchovyと言うらしい。受験英語じゃ出て来なかった……。アンチョビでテンションが下がったので、翌日改めて作ることにした。「とれたて」からどんどん遠ざかって行く。

結局、ないものは仕方ないので、買って来るのも面倒だし、アンチョビなしで作ってみることにした。トマトのタネを取り除くように書いてあるけど、面倒なのでそのまま使う。アンチョビもなかったしトマトのタネも入っていたけど、意外に何ともない。ウニを塩水で洗ってからソースに入れて温めて、ソースで和えたスパゲッティにかける。その上に、レシピには花にらを乗せるように書いてあるけど、にらもないのでほうれん草で代用。

とれたてウニのスパゲッティ

美味い。何が美味いって、やっぱりウニが美味い。ソースもウニに合っていた。でも、作るのはきっとこれが最初で最後だな。たぶん。何気に料理週間。

|

« ラブレター | トップページ | 大学教育って…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラブレター | トップページ | 大学教育って…… »