« えりも岬 | トップページ | 無言館「祈りの絵」展の案内 »

商大プレ 様似町演奏会

親子岩ふれあいビーチを出発して、様似中央公民館へやって来ると、盆おどりの準備が始まっていて、駐車場には車が結構停まっていた。小樽商科大学 プレクトラム・アンサンブルの演奏会で友だちが演奏するというので、はるばる様似までやって来た。サークル名からしてはっきり言ってナゾだが、要はマンドリンのサークルだ。マンドリンの演奏を聴くのは、高校の友だちが北海道大学マンドリンクラブ「アウロラ」にいたときに何度か演奏会へ聴きに行って以来だ。そもそも、友だちがいなければマンドリンなんて聴いたりしなかったと思う。マンドリンも一応、クラシックなんだろうけど、スキーに例えるとテレマークのようなマニアの領域のように思う。Mクラシック。

様似中央公民館

公民館の中へ入ると、ちょうどメンバーが控え室からステージの方へ移動するところだった。受付でプログラムをもらって入場する。公民館の中は結構立派で、札幌の新設小学校の体育館のようだった。友だちはギターなので、きっと向って右だと予想して、右側の座席に座る。

しばらくしてメンバー登場。ここで座る席を間違ったことに気付いた。顔が見えない。ピアノの演奏会と一緒だ。ピアノは音か顔かで選んだ気がする。きっとこっちの方が音がいいんだと思い込もう。

第I部ではポピュラー曲の演奏だった。1年生も含めて全員で演奏するらしい。「にんげんっていいな」は懐かしかった。「まんが日本昔ばなし」のエンディングだった。マンドリンで演奏する「見上げてごらん夜の星を」はしっとりとした感じだった。結構な人数で演奏しているので、音に迫力もある。ゆずの「栄光の架け橋」も聞き覚えがある。創価芸人は大嫌いなので、「きよしのズンドコ節」は選曲としてNGだった。でも、田舎で演奏する曲としてはいいんだろう。どうせやるなら「きよし!」と叫んで欲しかったけど。個人的には「ハウルの動く城」の「人生のメリーゴーランド」という曲が一番よかった。マンドリンのどこか寂しげな音色が、原曲と映画に合っているように思う。反対に、「篤姫のテーマ」は、別にマンドリンでやらなくてもという気がした。客層を意識してのことだろう。「マンドリンといえば『丘を越えて』という一つの歴史」なんてのは全く知らなかった。ジェネレーションギャップだろうか。「丘を越えて」は時代を越えたようだが、マンドリンは時代を越えられなかった気がする。ラストの「サザエさん一家」では、マンドリンを打楽器のように叩く演奏法?みたいなのがあって面白かった。会場もウケていた。

商大プレ演奏会

知っている曲が多くていい選曲だとは思うけど、せっかくのポピュラー曲なんだから、もっと楽しくやればいいのにと思った。普段の演奏会とちがってTシャツにジーンズというラフな服装だし、表情くらいもう少し何とかならないものだろうか。クラシックの硬さを感じた。手拍子くらい観客に求めてもいいような気がする。

各パートリーダーによる楽器紹介の後、そのメンバーで「未来予想図II」の演奏があった。大人数での演奏ばかりだったので、こういうスタイルの演奏は新鮮だったし、ジャズのライブのような感じでよかった。

アンケート用紙に裏面がないのに気付いて後のおばちゃんに聞いたら、自分のだけでなくおばちゃんのにもないことが分かった。休憩のときに、受付でたずねると、どの用紙にも裏がない。他のおばちゃんも気付いて指摘してた。「裏面へ続く…」と書かれると、何があるか気になるのは誰でも一緒のようだ。

休憩の後の第II部では、1年生が抜けての本気の演奏のようだった。「ミヌエット」はマンドリンの曲のためか、第I部よりもずっと安心して聴けた。音が心地よく響くし、やっぱりポピュラー曲をやるのは難しいのだろうか。編曲の問題なんだろうか。最後の「BLACK OUT」は不愉快な音から始まって、「ミヌエット」の落ち着きが全く消し飛んだ。でも、変化がめまぐるしく、演奏の仕方も様々で面白い。マンドリンでもここまでやれるというような気迫のこもった演奏だった。

アンケートに「アンコール曲の感想」と書いてあるので、アンコールしなくてもアンコールが用意されているところが面白い。おばちゃんたちもサービスがいいので、ちゃんと「アンコール」と叫んでた。アンコールのルールを知らないけど、今回は、クラシックの演奏会でよくあるような、ひたすら拍手を続ける形式ではなかった。結局、「BLACK OUT」のインパクトが強かったので、アンコール曲の印象は薄い。

座席を間違ったので友だちの写真も撮れず、アンケートを提出してから友だちを探そうと歩いて行くと、ちょうど友だちがアンケートを集める係をしていた。差し入れを渡して少し話してから、札幌へ向けて帰る。ここからがまた長い道のりだ。

日高富川ICまでは辛抱して走るしかない。高速道路に乗るつもりはなかったので、沼ノ端で降りて下道で札幌まで。帰りもなんとか3時間ちょっとで済んだけど、大雪山系あたりまで行くのと距離も時間もあまり変わらない。どっちも日帰りで行くところじゃないと思った。

|

« えりも岬 | トップページ | 無言館「祈りの絵」展の案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« えりも岬 | トップページ | 無言館「祈りの絵」展の案内 »