« 山形から帰札 | トップページ | 09/9/23 大雪高原沼めぐり 2 »

09/9/23 大雪高原沼めぐり

22日は天気が悪そうだったのであきらめて、翌日、23日に三回目の大雪高原沼めぐりへ行って来た。去年は天気も紅葉も悪かったので、今年こそはと気合いを入れて臨んだ。

4時過ぎに自宅を出発して、札幌ICから層雲峡まで高速道路をひたすら走った。天気予報通りの快晴で、大雪山系には雲が見当たらない。絶好の登山日和になりそうで、テンションが上がった。

7時前にレイクサイトに着いたのに、駐車場はもう車でいっぱいだった。奥の芝へ誘導されて車を停めた。それでも、7時発のシャトルバスに乗ったので、大雪高原温泉には7:30には着いた。入山する前に、まず大雪ヒグマ情報センターでレクチャーを受けた。パトロールの都合で、1週はできず、高原沼までのピストンになるらしい。残念。

雲一つない青空の大雪高原温泉
大雪高原は、嘘くさいほどに雲一つない青空だった。

衝撃はやっぱり人慣れした熊の映像。パトロールがどんなに大きな声や音を出しても、全く逃げる気配なし。この熊のせいで、先月は入山自体が禁止されていたそうだ。オスの熊だけでなく、子連れのメスの熊も人慣れしているものがいて、今後こうした熊は増えていくと思われるらしい。おそらく、入山者の増加が影響しているのではないかと思う。

ヤンベタップ沢
登山口から30分ほど歩いてヤンベタップ沢へたどり着くと、温泉の匂いが漂って来る。

ヤンベタップ川
紅葉は赤が弱い気がする。

土俵沼
しばらく歩いて到着した土俵沼には、三脚にカメラを構えたカメラマンがごっそり並んでいてキモかった。

滝見沼

滝見沼
滝見沼は時間が早かったのか、水面への写り込みがいまいちだった。

緑沼
緑沼は絶妙な鏡っぷり。

エゾシマリス
足下で何かゴソゴソ動くと思ったら、エゾシマリスが姿を現した。


大きなトンボが飛んでいたので、AFで撮ってみた。CanonのAF恐るべし。

産卵
産卵に大忙し。

高根ヶ原を見上げる
高根ヶ原が見えるようになると、高山の雰囲気が漂い始める。

湯沼
白樺の白がきれい。


仏像のように見えた。

鴨沼


紅葉の山道を登って行く。

水中に枝を広げる
白樺の木が水の中に枝を広げて葉が茂っているようだった。

エゾ沼
エゾ沼も鏡になっていた。

エゾ沼から緑岳を望む


見上げたところへ小鳥がやって来た。


カールを彩る紅葉。

高根ヶ原
まだ、辛うじてナナカマドの葉が残っていた。

式部沼を見下ろす
式部沼の空が青すぎ。

式部沼から緑岳を望む
なかなかの鏡。

大学沼
大学沼で少し休んで腹ごしらえ。

遊覧飛行
頭上を遊覧飛行をしていると思われるセスナ機が次から次へと飛んで来てうるさい。

高原沼越しに緑岳を望む
2時間以上かかって高原沼までようやく到着。

緑岳


熊は見当たらない。

|

« 山形から帰札 | トップページ | 09/9/23 大雪高原沼めぐり 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形から帰札 | トップページ | 09/9/23 大雪高原沼めぐり 2 »