« 朝日町ワイン城 | トップページ | 樽石大学 »

テルメ柏陵

ワインの試飲で酔っぱらっていたので心配だったけど、テルメ柏陵で温泉に浸かって1日の疲れを癒した。

テルメ柏陵で温泉に入る前に、道の駅「おおえ」に寄ってみた。近くを流れる最上川には、何て呼ぶのか、鮎を追い込んで獲るやぐらみたいなものが建っていた。北海道とはちがう風情を感じる。

道の駅の直売所では、今の時期はすももの秋姫がオススメらしいので自宅へ送ることにした。改めてテルメ柏陵へ歩いて行くと、温泉の匂いが漂って来る。山形はどこでも温泉が出るようなところだとか。建物も木材がたくさん使われていて味わい深い。時間がなかったのでゆっくりはできなかったけれど、お湯の温度も丁度よくて、たくさんの客で賑わっていた。

テルメ柏陵にあるレストラン「川かぜ」での夕食では、生まれて初めてあけびを食べた。山形では中の実よりも皮を食べるのが一般的らしい。皮は少し苦くて、ごーやーを思い浮かべた。松茸の炊き込みご飯も美味しかった。鮎を食べたのも久しぶり。旅先で地元の料理を食べるのはとても楽しい。窓の外に見える夕焼けもきれいだった。カメラをバスに置いて来たことが悔やまれる。

|

« 朝日町ワイン城 | トップページ | 樽石大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝日町ワイン城 | トップページ | 樽石大学 »