« ホットシークヮーサーの季節 | トップページ | 選挙 女は五感で選ぶ!? »

社民党の入閣

民主党を中心とした新政権の誕生がいよいよ近づいて来たようだけれど、社民党が入閣することに対しては、ちょっと複雑なものを感じる。もう、みんな忘れてしまっただろうか。

細川連立内閣の後、1994年に、まさかの自民党、新党さきがけとの連立内閣が発足した。一応、革新政党だったはずの社会党が、政策が明らかに正反対の自民党と連立を組んだので、あのときは本当に驚いた。自衛隊を合憲とし、日米安保を堅持すると言ったのを聞いたときには、開いた口が塞がらないほどだった。

当然、そんな社会党の大転換があっさりと受け入れられるわけがなく、翌年の総選挙で惨敗した後、社会党は分裂した。社会民主党と名前を変えた中から、多くが民主党へ合流し、北海道では有力だった社会党の政治家は横路孝弘をはじめとしてほとんどが民主党へ移ったように思う。ところが、今の民主党には社会党の面影もない。そう思っていたら、今日、久しぶりに横道の顔がテレビに映っていた

そんな社会党の過去を振り返ると、今回の社民党の入閣には不安を感じる。入閣して身動きがとれなくなってしまったら、村山政権の二の舞になる可能性が高い。社民党がどこまで民主党に妥協してしまうのか心配だ。できることなら、社民党にはしっかりと党の方針を貫いてもらいたい。

それに、新政権がコケたら、間違いなく社民党もコケる。もともと、今の社民党は当時の社会党ほどの勢力もないのだから、立ち直れなくなるだろう。負けたら後がない危険な勝負に挑むのだから、社会党のときのように、せめてこれ以上負の遺産を残さないでもらいたい。

|

« ホットシークヮーサーの季節 | トップページ | 選挙 女は五感で選ぶ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホットシークヮーサーの季節 | トップページ | 選挙 女は五感で選ぶ!? »