« 冠雪の山並みをもとめて | トップページ | パレットの丘 »

バド36

2週間ぶりのバドで、あっさり自信喪失。

この日の会場は三角山小なので、自宅から20分くらいで到着した。はじめ3人で中へ入ったけど、ここの管理人さんは、スパルタコーチで噂のEさんだった。そんなわけで、30分くらいのアップで結構息が上がる。

試合がまたひどかった。経験者率が高いので、全然自分のプレーをさせてもらえない。何もできずに敗北。足を引っ張るだけ。これまでバドをやって来て、自分もちょっとはバドっぽくなったかと思っていたのに、あっさりと自信を失ってしまった。全然修行が足りない。下手すぎると楽しめないので辛い。

そんなわけでショックを受けたけど、ショックだったのはそれだけじゃなかった。前回、ガットが切れたので、ペアのもう1本を持って行ったら、なんとこっちも切れてしまった。使用回数を考えれば、同じタイミングで切れるとは考えづらい。ガットの寿命だったのだろうか。まるでソニータイマーのように正確だ。まあ、20年以上持ったのだから、ソニータイマーよりはるかにマシだけど。今度ガットを張って、グリップも巻かなきゃ。

激しく前後左右に揺さぶられて、厳しい姿勢で打ち返したり転んだりしたので、体中が痛かった。なんか最近、バドが激しくなって来た気がする。

|

« 冠雪の山並みをもとめて | トップページ | パレットの丘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冠雪の山並みをもとめて | トップページ | パレットの丘 »