« 北海道満腹泥酔セミナー | トップページ | 樽前山ご来光写真 »

ほーへーきょー

エンサヤ邸から帰っても、窓の外の青空が気になるので、結局、豊平峡まで行って来た。

どうも頭が痒い。考えてみれば、いろいろあって3日間くらい風呂に入っていなかった気がする。風呂に入りたいけど、どうせなら温泉がいい。連休でグランマを温泉に連れて行かなきゃいけないだろうから、いっそのこと今日一緒に温泉に行ってしまえば一石二鳥だ。そんなわけで、とりあえず10時すぎに定山渓の方へ出発した。

さすがに10時ともなると、3連休初日だけあって道路は混んでいた。藻岩山の紅葉はまだ色付き始めのようだったけれど、八剣山を過ぎて定山渓まで来ると、紅葉はかなり進んでいた。去年、豊平峡の紅葉がまずまずだったのを思い出した。去年は渋滞でひどかった豊平峡までの道路が、案外、混んでいなかったので、急遽、豊平峡まで行ってみることにした。豊平峡ならシャトルバスもあるし、グランマでも大丈夫だろう。

予想通り豊平峡の駐車場まであっさり行けた。車も幸いバス停の一番近くに泊めることができた。シャトルバスは65歳以上の割引があるそうだけど、グランマは年齢を証明するものを何も持っていなかった。グランマを見れば、誰もが後期高齢者だと分かるだろうけど、素直に大人2枚にした。

シャトルバスの乗り降りが心配だったけれど、階段の高さが低めだったので、それほど問題なかった。行きのシャトルバスは、冷水トンネルと豊平峡トンネルの間で停車して、バスから千丈岩と九段の滝を眺めることができる。去年は歩いたのでゆっくり写真を撮ることもできたけど、シャトルバスからはそうもいかないのが残念だ。

ダムまで着くと、青空が広がっていて気持ちいい。紅葉は色付きがイマイチのように感じたけれど、ポッと来てこれだけなら満足だった。去年は天気が悪くて寒かったので、展望台まで上がらなかったけど、今回はリフトカーで登ってみた。標高差にしてみれば何てことないけれど、グランマがいるので仕方ない。

豊平峡ダム

しばらく待ってリフトカーで豊平峡展望台まで行くと、陽射しの角度のせいか、紅葉が少し鮮やかになった印象だった。ダムも隠れているので、まずまずの景色に見える。

豊平峡展望台から定山湖を見下ろす

せっかくなので、グランマには豊平峡展望台で待ってもらい、少し登って渓谷展望台まで歩いて行くことにした。ちゃんと整備はされているけれど、ちょっとした山道だった。ヒールを履いた観光客が来るような場所ではない。渓谷展望台に着く頃には、もう空は雲で覆われてしまったけれど、遠くの青空の下に八剣山の険しい頂が見えた。

渓谷展望台から八剣山を遠望

渓谷展望台より
観光向けに放水してるらしい。

渓谷展望台からの帰りに見晴し展望台から眺めると、黄葉を日が照らしていてきれいだった。

見晴し展望台より

豊平峡展望台へ着く頃に、ちょうど雨がパラパラと落ちて来た。ほぼ天気予報通りなので、さっさとシャトルバスに乗って車へ戻った。

12時すぎで肝心の温泉に入るには中途半端だった。とりあえず、豊平峡温泉へ行こうと思ったけれど、予想通り混んでいるようなので、定山渓まで戻って白樺の湯へ行った。でも、以前やっていた食事がなくなっているようなので、仕方なく温泉だけ入る。露天風呂から紅葉が楽しめるのがよかった。

白樺の湯を出て、もう一度豊平峡温泉へ向かった。久しぶりにカレーを食べたかったからだ。さすがに昼時よりは空いていたので、注文してすぐに座れた。しばらくしてできあがったカレーを見ると、前回来た時とちょっと様子が変わっている。キーマカレーに玉ねぎが入っている。味も変わっていた。ナンもパンっぽくなって厚かった。全体的に味が落ちたように感じてがっかりしたけど、空腹が何よりの調味料だ。15時をすぎていたので、がつがつ食べた。

ところが、うっかりしていた。グランマはスプーンを上手く使えなくても、ナンは手で食べるから大丈夫だと思っていた。けれども、ナンを手でちぎるには力が足りなかった。上手くちぎれないので、口に入り切らないくらいに大きくて、苦労して食べていた。仕方ないので、結局、ナンを一口大にちぎってあげるしかなかった。隣のテーブルに孫を連れた比較的若いばーちゃんがいたので、つい苦笑いが漏れてしまう。子どももちゃんと食べれなくて苦労しているようだけど、それとあまり変わらないグランマを見ていると、気の毒に思えて来る。食べ終わって席を立つと、グランマの服はこぼしたカレーで汚れていた。まあ、考えようによっちゃ、こんなになってまで外へ連れ出す家族もいないのかも。

家に着くと、区役所からグランマに要介護認定の結果の通知が来ていた。なんと要支援1。10月から見直された認定基準では要介護度が軽度に評価されると批判されていたけれど、その通りの結果になってしまった。介護予防や介護の社会化なんて口ばっかりで、本気で要介護老人を減らす気はないのだろう。デイサービスを1回増やせるだけでも効果があるはずなのに。やっぱり自己負担でやれってことなのか。

|

« 北海道満腹泥酔セミナー | トップページ | 樽前山ご来光写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道満腹泥酔セミナー | トップページ | 樽前山ご来光写真 »