« ヘブンスそのはら | トップページ | 天然温泉 三峰 »

妻籠宿

ヘブンスそのはらを出発して、帰る途中に妻籠宿へ立ち寄った。

妻籠宿の駐車場から橋を渡って古い町並みへ歩いて行く。

妻籠宿へ

初めて来た妻籠宿は中山道の宿場町の跡で、歴史的な景観を保全しているところらしい。2年前に行った高山ほど観光地化されていないと聞いたけど、思ったよりしっかりしている。

道の両脇には小さな水路があって、やっぱり高山と似ていた。ムラサキシキブという花があるのは知らなかった。

ムラサキシキブ

名前を教えてもらったけど忘れた。

干し柿
普通は皮を剥いてから干すらしいけど、そのまま吊るしてあった。

蔵

ちょうど昼時だったので、店に入ってそばを食べた。せっかくなので五平餅のセットで。信州に来たら、やっぱり蕎麦が食べたい。

五平餅とざるそばセット

里芋
里芋の大きい方は親芋で、種にするらしい。


土産店の笹細工。

騒がしくなったと思ったら、修学旅行生がやって来ていた。大人はやれ京都だ、奈良だと、日本の古都へ子どもを連れて行くけれど、ほとんど意味がないと思う。子どもなんて教室の外へ出られたら、どこでもいいんだから。こういう昔の風情は、ある程度大人になってから、のんびり楽しむものだろう。

じーちゃんは紅葉と同じく古い町並みにも興味がないようで、退屈そうにしていた。昔から水彩画を描いたりする割には、風景に関心がない。釣りや勝負事をしてないと楽しくないようだった。

|

« ヘブンスそのはら | トップページ | 天然温泉 三峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘブンスそのはら | トップページ | 天然温泉 三峰 »