« 山と山岡家との関係 | トップページ | 滑り初め準備 »

crema catalana

クレームブリュレを作ったときに、それと似たクレマカタラーナというお菓子を発見していたので、先日、試しに作ってみた。

クレマカタラーナはスペインのお菓子で、フランスのクレームブリュレによく似ているけれど、クレームブリュレは湯煎して固めるのに対して、クレマカタラーナは小麦粉を入れて冷やして固めるお菓子らしかった。

レシピを見ると、レモンの皮やらシナモンやらコーンスターチやら、クレームブリュレにはない材料がいくつかある。皮のためにレモンまで買ってしまった。シナモンを買ったのも初めて。スパイス売場に置いてあった。

小麦粉が入ってると、弱火でかき混ぜているとどんどん固まって来て焦る。どうやらカスタードクリームのようなものになるらしい。初めての体験なのでドキドキだ。レシピはやっぱり途中経過の写真もあった方がいい。クリーム状なので、器に入れても表面をきれいに平らにすることができなかった。

ちょうど冬型で気温が低くなっていたので、玄関の外に放置して冷やした。今度は秘密兵器としてガスバーナーも準備したので、キャラメライズが簡単になった。砂糖以外も燃やしてしまいたくなりそうなので、危険なおもちゃだ。

クレマ・カタラーナ

見た目はクレームブリュレとほとんど同じ。味はレモンとシナモンの風味で、口にするとカタルーニャの景色が広がる?でも、小麦粉が入っているせいか、如何せん粉っぽい。クレームブリュレの滑らかな舌触りの方が美味い。

凍らせたら少しマシになるかと思って試してみた。さすがに、ヒートアイランドな札幌はいくら外でも冷凍庫にはならないので、家の中の冷凍庫で凍らせた。この方が美味いとは思うけれど、クレームブリュレの方が好みだ。

ちなみに、イタリアにはカタラーナという冷凍焼プリンがあるらしい。前に何度かGLOBULEで食べたことがあるヤツだ。フランスにスペイン、イタリアと、国境を接しているだけあって、同じようなお菓子があるようだ。帯広とかなら冷凍焼プリンも外で簡単に作れそうなのに、札幌で残念。寒冷化に期待。

|

« 山と山岡家との関係 | トップページ | 滑り初め準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山と山岡家との関係 | トップページ | 滑り初め準備 »