« 10/5/2 キロロリゾート | トップページ | 10/5/4 ニセコアンヌプリ »

10/5/3 後方羊蹄山

(疲れのピークで編集中)念願のお鉢滑降すべく、後方羊蹄山まで行って来た。

最初はサクッとキロロから余市岳へ行くつもりだったけど、H多さんのリクエストで後方羊蹄山へお鉢を滑りに行くことになったので、出発は4時すぎと早かった。久しぶりの山だったので準備もはかどらず、車が着いて慌てて家から飛び出した。何となく車の中で不安になって調べると、ポールを忘れて来たのに気付いた。後の祭り。幸い、H多さんがもう1組持っていたので、貸してもらうことにした。おかげで、2年前のようなアホなことにならずに済んでよかった。

中山峠を越えても空は白く霞んでいて、後方羊蹄山は見えない。喜茂別の町へ近づいた頃にようやく頭がぼんやりと浮かび上がって来た。雲こそかかっていないけれど、視界はそんなに良くなさそうだった。

京極コースの登山口は雪解け水と重機がかき回した泥でぐちゃぐちゃ。ブーツまでドロドロになってしまった。畑を抜けるまでは歩きの方がいい。そこから先はシールで登るけれど、雪の上には枝がたくさん落ちているので、シールが汚れて傷みそうだ。

前日までの疲れがたまっていたので、一番後ろをしばらくゆっくりと登った。表面に積もっている新雪がストップ雪っぽくて嫌らしい。途中から先頭になって標高1,000 mを越えて、樹林限界くらいまで登って休憩をとる。風が強かったからだ。日差しがあって暖かいのだけど、山頂から吹き下ろして来る向かい風がうざい。余計に体力を消耗している感じがした。


尻別岳がぼんやりと霞んで見える。

ここから徐々に傾斜がきつくなって来るけど、Gotama + Diamirのアドバンテージを活かして直登気味に登って標高を稼いだ。吹きっ晒しなので、時折襲う突風にあおられながら、じわじわと登って行った。

大きめのジグを切って登り、着実に標高が上がって行くけれど、薄ら積もった新雪の下はブーツではステップも切れない氷だった。ところどころ新雪が積もっていない所は、氷が柔らかくなっていたり、固いままだったりしていて、固い所ではシールが効かないので、うっかりして突風にあおられるとずり落ちるので怖かった。


空を見上げると日暈が。

向かい風はいつのまにか麓からの追い風に変わっていた。前線が通過したのか、天候の急変の兆しを感じた。それでもしばらく登っていると、お鉢の外輪まであと100 mを切った辺りで急に雲が出て来た。山頂付近は相変らず強風が吹き荒れていて、ものすごい勢いで雲が飛び去って行く。突風も激しくなって来た。突然、雲が辺りを包んで真っ白になる。下山も考えたけれど、ともかくお鉢を覗き込むだけはしたいと思って登り続けたけれど、雲が晴れてから再び襲った突風でえすきくんと同時に雪面に張り倒された。これで完全に怖じ気づいて、下山を決定。


お鉢は目と鼻の先だった。

斜面に張り付いた状態でシールを剥がして滑る準備をしていると、雲が自分たちを包み込んで、10 mも離れていなかったH多さんまで見えなくなった。


そして二人は雲に飲み込まれた。

一度みんなで集まってから、はぐれないように少しずつ刻みながら滑り降りた。予想通りのストップ雪。山頂直下の急斜面にもかかわらずスピードが出ない。かえってその方が恐くなかったけど、足が疲れる。200 mほど滑り降りてようやく晴れ間が見えた。けれども、最後に自分が滑る番になると上から雲が降りて来て視界がなくなった。雲と競争しているようだ。


ここからPhoto By H多さん。

先に降りたえすきくんの声を頼りに滑り降りた。

さらに滑り降りて、やっとまともに視界が開けた。もういいところは滑り降りてしまって、斜面は緩くなってしまったけど、気を取り直してビデオを構える。

全面ストップ雪ではなく、ところどころにザラメが潜んでいるので恐い。後継気味の状態で急加速するので身体がなかなか追いつかずに遅れてしまう。滑りはひどく気持ち悪かった。


カメラを風下で構えて失敗した。


By えすきくん。

結局、お鉢を滑れずにすぐ引き返して来たので、昼すぎには下山した。それでもさすがに疲れてはいるので、京極温泉でお湯に浸かった。この頃には下界も暴風で、露天風呂もひどい。無事に降りて来ただけよしとしよう。

京極温泉でじゃがいもが100円と安く売っていたのでみんなで購入。GWでふきだし公園は行列ができていて驚いた。前に来たことがある野々傘でうどんを食べて帰ろうと思ったら、こっちも激混み。あっさりスルー。いつものように喜茂別の味の美喜へ来ると、こっちも混んでいる。珍しく車が3台も停まっていた。チャーメン食ってホッと一息。

|

« 10/5/2 キロロリゾート | トップページ | 10/5/4 ニセコアンヌプリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/5/2 キロロリゾート | トップページ | 10/5/4 ニセコアンヌプリ »