« 利尻島1周達成 | トップページ | 今夜はマグロで »

海辺の香深

いよいよ初めての礼文島。

フェリーには意外とたくさん客が乗り込んだ。出発する頃にはすっかり天気は悪くなっていて、すぐに利尻島は見えなくなる。そんなわけで、礼文島へ着くまでは居眠していた。

礼文島を目指して出港

礼文島の香深へ着くなり辺りは真っ白。期待はしていなかったけど、ここまで悪いとは。本当は礼文島から利尻山を眺めたかったけれど、それはまた今度のようだ。

霧の港が迎える

レンタカーを借りることにしたけれど、料金が異常に高い。3時間でガソリン代や保険料を含めて9,000円近くする。とはいえ、少し安い軽自動車はもうないので、あきらめてMarchを借りて、esukiくんに運転してもらう。

3時間で何とか名所は回れるようなので、まずはもらった地図を見ながら北上する。助手席から海を眺めていると、海の上に何か変な形の丸太のようなものが浮いているのが見えた。どうやらアザラシのようだ。ということで、車を停めて写真部の活動。

アザラシ海域
アザラシが昼寝をしている横を漁船が通り過ぎて行く。


どっちが見物しているんだか。


横切って飛んで行くのはウミウだろうか。

金田ノ岬へ行く途中の展望台で一度休憩をとった。ガスっていて展望がない。礼文島は花の島だと聞いているので、むだに写真を撮ってしまった。


エゾカワラノナデシコ?

再び車に乗り込んで、今度は西のスコトン岬を目指す。こっちは広い駐車場もあって、観光客がたくさん訪れていた。

スコトン岬からトド島を望む

トド島にトドがいるのは見えなかったけれど、手前にアザラシがいるのま見えた。

アザラシ島?

スコトン岬の売りである、「最北限」って何?

最北限の地

最北限のトイレ

まだ時間があるので、久種湖へ行こうとしたけど、あまり見所がなさそうなのでスルー。そのまま澄海岬へ向かった。ここも駐車場が整備されていて、観光客相手のお土産店や食堂まであった。とりあえず、展望台の方へ登って行った。


遠くの岩の上に社が建っていた。

澄海岬
晴れている日なら、もっときれいに見えたのだろう。


ピントまちがった。


ホトケノザっぽく見える。


レブンソウってどこに咲いているんだろう?

食堂へ戻って、気になっていたトド肉を食べてみた。味は昆布で、トドっぽくはなかった。モサモサしていて美味くはないけど、話の種にはなるかな。

トド肉串

いったん香深を通り過ぎて、ちょっとした峠を越えて地蔵岩を観に行った。時間ギリギリなので、写真を1枚だけ撮って、慌てて香深へ戻った。

地蔵岩

無事3時間以内に車を返してから、うすゆきの湯へ温泉に入りに行った。着替えはないけど、風呂でのんびりしたかった。

帰りのフェリーではまた居眠。過密スケジュールのバカンスになって、さすがに疲れて来たようだ。でも、これで一応、念願の礼文島にも行くことができた。

|

« 利尻島1周達成 | トップページ | 今夜はマグロで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利尻島1周達成 | トップページ | 今夜はマグロで »