« BANFF Mountain Film Festival in Japan 2010 | トップページ | ピクニックコンサートは雨のち晴れ »

札幌エルクの森

天気を読み間違えて日曜日に山へ行けなくなったので、代わりにパークゴルフへ連れて行ってもらった。

天気予報では日曜日の前半は雨だが、後半から晴れて、ずっと1週間晴れが続く予報。天気図は何とも言えない気圧配置だったけれど、日曜日から晴れることを祈って土曜日から日曜日へ日程を変更した。すると、土曜日朝起きると外は青空。天気予報を見ると、土曜日は晴れだが、日曜日は見事に雨。天気が悪くても強行して遭難する中高年の二の舞にはなりたくないし、あっさりひよって中止。

けれども、青空を見ているとうずうずしてくる。札幌は久しぶりの青空。こんな日に家のなかでぐずぐずしているのは不健康だ。グランマがせっかく要支援2にグレードアップして土曜日もデイサービスへ出かけることになったので、家でのんびりも悪くはないけど、せっかくなら1日気にせず出かけたい。

そう思っていると、ママンは職場のパークゴルフコンペの下見へエルクの森へ行くらしい。1日中パークゴルフする元気はないので迷っていたけど、山へ行かないつもりで朝はゆっくり起きたので、今さらどこへ出かけるにも混んでいる。外へ出かけられるだけでもいいので、パークゴルフへ連れて行ってもらうことにした。

10時出発だったので、その前に自転車に乗って8月の会報をさっと配ってくる。パークゴルフの準備をしていると、Fさんのクラウンが迎えに来た。成り行きで自分が運転することになる。驚くほどレガシィと似ている反面、全くちがうところもある。まず、パーキングブレーキを解除できなかった。足で踏んでパーキングブレーキをかけたら、解除はステアリングの左のレバーを手で引く。こんなの初めてだ。

一番戸惑ったのは、アクセルペダルが見つからないこと。とりあえず、ペダルがあるはずの場所を踏み込むと車が進むので、アクセルペダルはあるらしい。運転はできるのでそのまま走ってみた。でも、どうにもレスポンスが悪い。ペダルがふにゃふにゃしているようだ。手探りでペダルを探してみるけど、やっぱり見つからない。ブレーキペダルはあるのだけど。

そのとき悟った。アクセルペダルはマットの下にあるのでは?マットの下に手を伸ばすと、ペダルがあることを確認。まさか、こんなことになっているとは気付かなかった。運転しづらいものの、Fさんは今までずっとこれで運転しているらしいので、おそらく突然トラブルが生じることはないだろう。状況が分からないから恐かったけど、分かってしまえばそういうものだと理解して運転すればいい。とはいえ、驚いた。

出発が遅かったので道路は混んでいたけど、エルクの森に無事到着。藤野の結構山の中だった。車を降りて、マットの下のアクセルペダルを目視で確認。

アクセルペダル探し
確かに、ツーペダルではあるけれど……

パークゴルフは36ホールで1,400円、1日券が1,500円。値段はともかく、無条件に1日券。ここはコース整備がいい割に客が少ない。受付のそばの2コースをゆるく回ってから、山の上の2コースへ移動してからその理由が分かった。まず、移動の階段が年寄りにはキツい。コースもアップダウンが激しく、年寄りには厳しすぎる。どうりで客が少ないわけだ。しかも、コース整備に気合いが入っていて、去年行った糸井の森のようにティーグラウンド?の手前にはラフがあって、上に打てないと話にならない。そんなわけで、毎日パークゴルフやっているようなおじちゃんの真似をして打ってみるけど、一向に上に飛ぶようにならない。簡単そうで難しい。

4コース回ってから昼にざるうどんを食べて、午後からまた4コース。日差しが強くて暑かった。山の方は風が涼しくて気持ちよかったけど。夕方までやっていたので、山行ったときみたいに足が怠くなった。全然運動量が少ないはずなんだけど。成績はもちろんビリ。毎週通っている人には敵わない。

エルクの森にはなぜかいろいろオブジェが飾られていて不思議なところだ。睡蓮の写真くらい撮ればよかった。

帰りはマットを外して運転。やっぱりこの方が運転しやすい。でも、スポーツシフト6ATは気持ち悪い。Dレンジではムニョムニョ何回もシフトアップするので、ギアの数が多ければいいわけでもないようだ。マニュアルモードのレスポンスはレガシィよりずっとよかったけど、あまりにちがって慣れるまで時間がかかりそう。言訳程度に左側に付いている小さなタコメーターは、回転数が見づらい。

「いつかはクラウン」ってキャッチコピーがあったらしいけど、どうってことのない車だった。意外と車内が狭くて、これならBRレガシィの方がゆったりしているように感じた。今ではレガシィもトヨタ車になっているので、クラウンにするくらいならレガシィだと思った。高級車のイメージが強いクラウンに比べると、レガシィはまだコストパフォーマンスが高いんだろうな。しかし、クラウンってこんなに高い車だったんだ。500万円って……

いつかはクラウン?

帰りに久しぶりに白樺の湯へ。こっちも相変わらず空いている。故障中のカラン以外にも壊れていて調子が悪いものが多く、やっぱり儲かっていないんだろうか。空いていて静かなのはありがたいんだけど。小金湯は混み過ぎでうんざりするから。

走り具合を確かめながらのんびり走っていても、周りの車があまり追い越していかなかった。黒いクラウンだったから?

|

« BANFF Mountain Film Festival in Japan 2010 | トップページ | ピクニックコンサートは雨のち晴れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BANFF Mountain Film Festival in Japan 2010 | トップページ | ピクニックコンサートは雨のち晴れ »