« 夏山登り納めっぽい | トップページ | 白雲岳でハクション »

10/9/20 姿見ノ池周辺沼めぐり

脚の調子はイマイチだったけど、天気が良さそうなので、旭岳へ行ってみた。

23日にママンを旭岳の姿見の池へ連れて行く予定だったけど、思っていたより20日は天気がよくなりそうだった。23日に天気が悪くなってしまうと残念なので、下見を口実に旭岳まで行ってみた。23日に一緒に行く予定だったKさんも行くことになり、朝5時半に拾って高速道路へ入り、いつものように旭岳温泉へ向かった。

ロープウェイの駐車場には8時くらいに着いたけど、すでに駐車場には車がたくさん停まっている。公営の方は縦走客の車もあるのか、すでに満車。有料の方も交通整理でもたついているので、さっさと戻って下の臨時駐車場へ車を停めた。

駐車場で準備をしていた忘れ物に気付いた。なんと、レンズを忘れて来た。望遠ズーム。山で望遠ズームがないと苦しい。60mmマクロがあるだけまだよかった。テンションがかなり下がったけど、ともかく出発した。

ロープウェイ乗り場も大混雑。定員ぎりぎりでロープウェイに乗れたけど、当然中も混んでいる。満員電車ほどじゃないけど、どうして山へ来てこんな思いをしなきゃいけないのか。予想はしていたけど、げんなりしてしまった。

窓から見える紅葉も何となくイマイチ。姿見駅からの眺めも期待ほどじゃない。期待が大きすぎたようだ。チングルマの綿毛も雨のせいかふさふさしていない。葉の色付きはこんなに黒っぽかっただろうか。風が強くて雲がくり返し通りすぎ、日が陰ると気温が低いのでかなり寒い。日が差すと紅葉はまずまずきれいだけど、姿見の池周辺はもっときれいだと思い込んでいた。

紅葉の御田ノ原に日が差す

花のようなシラタマノキの実
初めて見たときは花かと思った。

噴気が輝く
結構勢いよくゴーッと吹き出てる。


肝心の旭岳は雲の中だけど。

姿見の池
姿見ノ池でおにぎりを食べているうちに、雲が晴れて旭岳が見えるようになった。


陽射しを浴びると途端に鮮やかさを増す。

ぶんぶんぶん、ヘリが飛ぶ
ヘリがうるさかった。山の騒音公害

この時間帯の旭岳は逆光気味の早朝よりもきれいだったけど、紅葉には不満が残ったので、裾合平の方へ少し歩いてみた。姿見駅周辺からは遠くてくすんでいた当麻岳の山麓の紅葉も、近づいて行くにつれて鮮やかになって来る。

ごわごわの綿毛
この日の綿毛はふわっとしていなくて、ごわごわしている。

姿見駅と裾合分岐との中間辺りまで来ると、北鎮岳のピークも見えてきて、結構きれいな紅葉が見渡せた。ハイマツや笹の割合が多くて紅葉の密度が低いけれど、これはこれできれいな景色だ。


北鎮岳が見えてきたところで引き返す。

気分的にも体力的にもこのまま当麻乗越まで行っちゃえそうだけど、時間がかかるので引き返すことにした。ちょうどここでカメラのシャッターを押すのを頼まれたけど、なんと手渡されたのはミノルタの年代物フィルム一眼レフ。デジカメしかまともに使ったことがないので、「半押しってありますか?」って聞いてしまった。ただシャッターボタンを押せばよかったのだけど、緊張してしまった。

滋賀から来ている年配のご夫婦で、フェリーで北海道までやって来て富良野に泊まっているという。8年前はパイクで来たというから驚きだけど、初めての旭岳に満足したようで何よりだ。旅の残りも楽しめることを祈って別れた、はずだったけど、結局ほぼ同じペースで姿見駅まで帰った。

途中、Kさんが見つけたのは季節外れに咲いているエゾノツガザクラ。今年の夏は異常に暑かったせいか、山の花たちも調子が狂ってしまったようだ。

季節外れのツガザクラ
雪渓がそばにあるわけでもないのに、今頃まちがって咲いているエゾノツガザクラ。

ゆっくり歩いて、行動時間も短かったせいか、膝の裏は全然痛くならなかった。下りのロープウェイも混んでいて、乗り場で結構待たされた。窓から見下ろすと、ロープウェイからの景色がきれいになるのはもう少し先のようだ。

山麓駅を出ると、満車の駐車場の前には車が数台並んでいた。臨時駐車場もいっぱい。いつものように、湧駒荘で温泉に入ってから旭川へ昼ご飯を食べに行った。優鳳でカラヤンを食べるつもりだったのに、幸か不幸か定休日。近くの店も軒並み休業。仕方ないので、営業していたらーめんひびきへ、休憩8分前に入る。旭川なのでしょうゆらーめんを食べてみたけど、すりごまが入っていて思ったよりあっさりだった。きっとカラヤンよりは美味かっただろう。


羽根が多いトンボ!?

帰りも鷹栖から高速道路で札幌へ向かった。連休最終日の夕方だけあって、札幌へ向かう道路は混んでいた。走行車線も追越車線も車が並んで走っていて、北海道の高速道路ではなくなっていた。変な車が多いし、眠くなっても全然気が抜けずに緊張しながら走った。道路の真ん中に毛布が落ちていたのにもまいった。やっぱり朝晩の方が走りやすい。

|

« 夏山登り納めっぽい | トップページ | 白雲岳でハクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏山登り納めっぽい | トップページ | 白雲岳でハクション »