« 白雲岳でハクション | トップページ | 第1回BCミーティング10-11 »

10/9/23 姿見ノ池周辺沼めぐり

案の定、20日に比べて天気が悪そうでテンション低かったけど、もう一度旭岳まで行って来た。

準備に手間取り自宅を出発したのは4時半。まだ暗い街中を抜けて高速道路に入り、鷹栖まで車を走らせる。明るくなって来ても曇り空。残念な天気。旭川市街から旭岳へ向かう道中も、旭岳は雲の中に隠れていて、前日に初冠雪した山並みを確認することができない。

20日より1時間早く駐車場へ着いたので、公営駐車場に協力金300円で駐車。今度はちゃんと望遠ズームも忘れずに持った。ロープウェイもまだ混んでいなかったので、窓から姿見駅までの景色を眺めることができた。紅葉はそんなに下りて来てはいないようだった。

天気がよくないので紅葉も鮮やかではないし寒いしテンションが上がらない。ともかく、散策路をぐるっと一周する。


この色の組み合わせがいい。


岩の上には霜というより、融け残った雪がまだ付いている。

湯気が立ち上るピウケナイ沢
気温が低いせいか、中岳温泉のお湯が流れ込むピウケナイ沢から湯気が立ち上っていた。


せっかく望遠ズームを持って来たので、遠くの高層湿原をのぞいてみる。

大塚も初冠雪
大塚も薄らと雪化粧していた。

鏡池
旭岳は雲の中だったけれど、鏡池に水際の草紅葉が写る光景はしっとりときれいだった。


不意に日が照らす噴気が白く浮き上がった。


曇り空の紅葉は色が深い。


今頃咲いているこの花って何?


雪化粧の安足間岳が姿を現して来た。

10時前には旭岳温泉へ戻ったけど、湧駒荘は日帰り入浴が10時からだったので、駒止の滝を観に行ってみた。紅葉も始まってないので、ただの滝。

駒止の滝

マイヅルソウの実

温泉からあがって車で帰るときに後ろを振り返ると、旭岳にかかっていた雲が少なくなり、雪で白くなった姿が見えるようになっていた。

初冠雪した旭岳が顔をのぞかす
早く滑りたい……

旭岳温泉から帰る坂道、カーブを曲がると車が並んで止まっていた。事故らしい。救急車が来たところだった。怪我人が収容されて救急車が出発すると、動き出した前の車に続いた。すると、黒いRV車のフロントが潰れて窓ガラスが散乱している。路肩には白いセダンがひっくり返っていた。正面衝突だろうか。恐ろしい。

|

« 白雲岳でハクション | トップページ | 第1回BCミーティング10-11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白雲岳でハクション | トップページ | 第1回BCミーティング10-11 »