« クリスマスなんかクソクラエ | トップページ | Happy Birthday to Naokiss! »

10/12/23 天神山

せっかくの休みに家でじっとしているのもなんなので、近場の山へ滑りに行ってみた。

3時間しか寝てなくて、今さら山へも行けない。かといって、ゲレンデ行ってリフト券を買う気もしない。シーズン券あっても、ばんけいのセンターコースだけじゃちょっと……

というわけで、予てから狙っていた近場の山、天神山を攻めてみた。タルト型を買いに行ったときに偵察へ行っていたので、タルト生地を作り終えてからすぐ、家でほとんど滑る準備を済ませて、あとはブーツに履き替えるだけという状態で車にスキーを積み込んで天神山緑地へ向かった。雪がちゃんと積もっていれば歩きでもいいけど、さすがに今日は気温も高くて道路はびしょびしょだったので、無理せず車で。

天神山といっても、モエレ山より数十m高いだけの公園だ。こんなところをスキーで滑っているのを見つかったら、町内会から何を言われるか分からない?そんなわけなので、駐車場へ車を停めるなりブーツに履き替えて、急ぎ足で山頂を目指した。

パークをハイクするよりも公園をハイクする方が距離が長い。息切れして辛いけど、さっさと滑ってしまいたかったので、あと山頂直下のオープン斜面までノンストップで登って行ったら、なんと偵察時には見かけなかった先客がいた。しかも、3人も。もしや、平岸ローカルか?

山頂までの急登には立派な手すりが付いている。もちろん、こんなの擦ったら捕まるのでスルー。というより、単にジブができないだけでもあるけど。

さて、ピークハントではないので、とりあえず展望台で登頂したことにしておく。で、急いでスキーを履いて滑り降りる。滑るのは登った階段ではなく、深雪の樹林内。さすがにこの天気じゃパウダーとはいかなかったけれど、ネタとしては十分。

幸い、散歩の人ともすれ違わずに下まで滑り降りられたけど、どうも登って来たときと景色が何となくちがう。どうやらルートを間違ったようだ。仕方がないので登り返して、駐車場への道へ戻った。

ちょうど平岸ローカルの3人が滑って帰るところだったので、少し待ってから滑り出す。斜度が足りないので、めいっぱい漕がないとスピードが出ない。ギリギリなんとかスピードがかせげたので、ちびっ子たちがソリ遊びをしている斜面でポコじゃん。辛うじて360回れた。

せっかくなので、登り返して回る練習をしようとしたら、今度こそ散歩の老夫婦と遭遇。頭にカメラを付けた怪しいスキーヤーに一瞬怯えていたが、挨拶をしたら安心したようだ。挨拶って大事だ。

もう1回飛んでからカメラを斜面において撮影してみた。GoProはプレビューできないので、カメラの向きをまちがったことに後から気付いた。まあ、終止ネタだった。

ハイクで汗だくになったので、さっさと家へ帰った。小さな山で大きな達成感。

|

« クリスマスなんかクソクラエ | トップページ | Happy Birthday to Naokiss! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスなんかクソクラエ | トップページ | Happy Birthday to Naokiss! »