« a lunar eclipse | トップページ | 10/12/26 後方羊蹄山 »

10/12/25 1107峰

naokissさんと初めて一緒に滑った思い出の山1107峰へ、naokissさんの誕生日を祝いに行って来た。

やっちくんに誘われて4年前に初めて滑った1107峰。Gotamaで初めてパウダーを滑って楽しかった。2年前の大雪の日に敗退したので、今度こそはと期待していた。

7時に札幌を出発すると、遠くの山並みにはどんよりとした雲がかかっていて、雪にも少し期待してしまう。ところが、道路脇には笹が元気に顔を出している。見上げる斜面も薮薮。すっかりテンションが下がってしまったけど、偵察がてらやって来たので、とりあえず登るとこまで登って斜面を見て帰るつもりだった。

マウンテンセンター?を出発すると、スノーシューの先行パーティーがいたので、しばらくその後を付いて行った。噂の丸木橋をスノーシューの一人が渡り終えたかと思ったらすぐに引き返した。そのまま上流へ歩いて行ってしまったけど、こっちは危ない橋を渡りたくてたまらないので、衝撃的映像を狙ってビデオカメラを回した。おかげで惜しい映像をGoProで捉えることができた。

薮は濃いけど場所によっては雪がいいので楽しめそうな状況だった。当然ラッセルが大変だけど、交代しながらがんばっていると、上空をヘリが通りすぎて行ったかと思ったら旋回して飛んで行った。誰かヘリ喚んだのだろうか?

上ってる途中でesukiくんがビデオカメラにSDカードを入れ忘れたことに気付いた。ニトヌプリ以来1年ぶりの失敗。仕方ないので、GoProを預けた。

しばらく登ってると、名物の崖が見えてくる。横から見てると滑れそうに見えるけど、上から見たらビビって絶対無理だろう。その横をジグを切りながら登って行った。そのうち風も強くなって来て、そろそろ天気が崩れてくるような様子だった。

1107峰の北斜面も南斜面もまだ薮が濃い。天気が悪くなって来たので、奥まで行って下山ラッセルで時間を食うのは嫌だった。そこで、早く下山できそうだし、藻ーリスさんたちへの手土産にしようと、偵察を兼ねて東斜面を見に行くことにした。

1,000m付近でシールを剥がして滑走準備。ここらへんもまだハイマツが隠れていない。少し下ると若干オープンになっていたので、撮影しながら樹林まで滑った。下部は重いけどそれなりにいい雪だった。そこから北側のオープン斜面へ樹林内をトラバースする。樹林内の雪は軽くてとてもよかった。


以降、Photo by H多。

足が変

ただ、オープン斜面の手前でヤバそうな雰囲気。急だし斜面が大きくうねっている。積雪の支持力が複雑で予想がつかない。アンカーになりそうな薮も小さくて心細い。おまけに、オープン斜面に入るには小さな沢状地形を越えなきゃいけない。で、ともかくひとまず簡単にハンドテストをすると、肘20cmでズレた。雪崩地形だけに雪崩れたらヤバそうだ。目の前に見える凸状地形の向こうを見たかったので、esukiくんに雪崩れたときの記録係を頼んでトラバースを開始した。

慎重に数歩進んで沢状地形の真ん中あたりまでたどり着いた瞬間、足元の雪がズッと滑り落ちた。雪は止まることなく滑り落ちて見えなくなった。目の前には真新しい破断面が見える。

発生点付近の破断面

雪崩にビビったけど、上の積雪は灌木で支えられているようだったし、弱層の下の積雪が安定しているっぽいので、欲を出して破断面に沿って奥まで進んでみた。向こうを覗き込むと、どこもヤバそうな雰囲気。直感的にここは滑りたくないと思った。H多さんにこっちを監視してもらいつつ、雪崩れずに残った雪を次々滑り落としながら、なんとか樹林内に戻って二人に合流。ビビってたけどなぜかテンションが上がってる。雪崩でテンション上がるってヤバいかも。

薮が濃い樹林内を滑り降りて行ったけど、ここもちょっとでも開けていたら簡単に雪崩れた。そのうち破断面も見飽きて来たので、サクッとデブリ末端まで滑り降りる。幅こそ狭いものの、発生点はかなり見上げないと分からない。しかも、デブリが止まったのは、辛うじて斜度が緩くなった薮の中。巻き込まれてたら外傷で死んでそう。そこからほとんど斜度が変わらずに川へ落ち込んでいる。

命拾いしたので、さっさと下山しようと思ったけど、雪不足のおかげで川に阻まれた。スノーブリッジがなかなか見つからない。何とか見つけても、一人渡るごとに崩れて、最後はギリギリだった。これ以上危ない橋は渡りたくなかったので、上流まで引き返して林道の橋を渡った。すると、スノーシューのトレースを発見したので、帰りはありがたくとレースを使わせてもらった。


早く帰るつもりが、雪崩と川のおかげで下山は15時すぎ。無事にマウンテンセンターへ戻るとホッとして腹が減って来た。山岡家が選択肢に上っていたけれど、まだ行ったことがなかった太郎へ山岡家クオリティを求めて行ってみた。

注文したのはピリ辛肉あんかけ焼きそば。esukiくんとH多さんはSETメニューを注文したけど、なぜか単品の方が量が多かった。見た目にも多かったあんかけには、後半かなりやられてしまった。オリーブのカレーほどではなかったけれど。山の帰りには太郎も悪くない。

|

« a lunar eclipse | トップページ | 10/12/26 後方羊蹄山 »

コメント

なんか、すごいフィーチャーっぷりで恐縮っす。。。
雪はすごい良さそうですね〜。ニセコより全然良さそう。

投稿: naokiss | 2010年12月26日 (日) 22時13分

お疲れです。
後程、状況教えてください。

投稿: 藻ーリス | 2010年12月26日 (日) 22時59分

>naokissさん

実は偶然だったんですが運命かもしれません。
雪は良かったんですけどねぇ……

投稿: H本 | 2010年12月27日 (月) 13時20分

>藻ーリスさん

ご心配おかけしました。
昨晩は寝ちゃったので今晩まとめて報告します。

投稿: H本 | 2010年12月27日 (月) 13時21分

実は、あのスカイプの晩、なぜか
H本くんがクレパスにすっぽり落ちる夢見ました。

不吉な予感が的中しなくてよかったよ・・・

投稿: エンサヤ | 2010年12月27日 (月) 22時44分

>エンサヤさん

マジ?
クレバスに落ちるなんて不吉すぎる。
今度変な夢見たら教えてね。
用心するので。
またエンサヤさんと滑るまでは死ねないよ。

投稿: H本 | 2010年12月27日 (月) 22時54分

北海道雪崩研究会へ報告した。
発生点の斜度は35度くらいらしい。
http://homepage3.nifty.com/hokkaido-nadare/

投稿: H本 | 2010年12月28日 (火) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« a lunar eclipse | トップページ | 10/12/26 後方羊蹄山 »