« 四季の宝物~自然の息吹をとらえる~ | トップページ | キロロただ乗り »

怒りのメール

せっかく届いたので勝手に転載。

福島原発事故は、日本科学者会議公害・地球問題懇談会JNEP(公害・地球懇)が想定していた最悪のシナリオとなりました。
想定外などという電力会社や経団連、政府や連日テレビを賑わしている旧帝大系お茶坊主どもの研究者達には、怒り心頭です。

ここ数年、私たちは何度となく政府や電気事業会東電も含む)や経団連に対して、原発の技術上の危険性を明らかにして、自然エネルギーへの方向転換を声を大に訴えてきました。
しかし、彼らは異口同音に、あなた方の主張は少数意見であり受け入れられない、原発は第一級の国産技術と言っても良いクリーンエネルギーであると私たちの要請に聞く耳持たずでした。
「原発神話」、まったくの思考停止状態が今回の大事故につながり、想定外などと言わせるのです。
100%安全な工学システムは存在しません。原発や航空機や新幹線などの高度に複雑なシステムになればなるほど、事故やヒューマン・エラーはつきものです。

これまで、原発に批判的な教員は絶対に旧帝大系の教授にはなれません。
お茶坊主どもは、全員頭を丸めて国民に謝罪すべきです。
原発を推進してきた自公政権や民主党政権の輩も同様です。

世の中の仕組みが分からない人にはさっぱりな話だろうし、分かる人には今さらな話でもあるんだけど。メールに添付された記事の公開は自粛する代わりに、日本科学者会議の解説を紹介。

放射線被曝問題について(科学者の眼)

福島原発問題について(科学者の眼)――科学者による原発事故の解説

|

« 四季の宝物~自然の息吹をとらえる~ | トップページ | キロロただ乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四季の宝物~自然の息吹をとらえる~ | トップページ | キロロただ乗り »