« バックカントリーの雪崩予知とリスク管理 | トップページ | ひきこもり中毒 »

スノーサーフィンだったっぽい

先日、イワオヌプリでサーフボードを積んだ車を見かけたとグスベリのマスターに話すと、玉井さんじゃないかということだった。

確かに、あのときすぐに頭に思い浮かんだのは玉井太郎だったけど、隣の車にGENTEMSTICKのステッカーが貼ってあったからといって、ユーザーはたくさんいるだろうから、まさかと思っていた。けれども、他の人から聞くと、案外本人なのだろうかと思ってしまう。

バックカントリーの映像作品のほとんどがパウダーランしか取り上げてないのに対して、玉井さんもフィーチャーされていた「Signatures」では、春のニセコのコーンスノーを滑る魅力的な映像も収められていたのが印象的だった。

【メール便選択OK!】※クレジット決済・銀行振込決済のみ『Signatures/シグネーチャーズ』ゲンテンステックプロダクション名:Sweetgrass ProductionsGENTEM/ゲンテンステック(国内作品) 【メール便選択OK!】※クレジット決済・銀行振込決済のみ『Signatures/シグネーチャーズ』ゲンテンステックプロダクション名:Sweetgrass ProductionsGENTEM/ゲンテンステック(国内作品)

販売元:BrandNew(ブランニュー)
楽天市場で詳細を確認する

そのコーンスノーだってもういつまで滑れるか分からないけど、どうせ自分がスキーを滑るにしてもキレキレのカービングをするより、スノーサーフィンのような気持ちいいターンをしてみたいと思った。それがテレマークになるかどうかともかく、自分が楽しい滑りを考えてみよう。


このとき楽しかったのって、あんまり急じゃなかったからなのかな。

|

« バックカントリーの雪崩予知とリスク管理 | トップページ | ひきこもり中毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バックカントリーの雪崩予知とリスク管理 | トップページ | ひきこもり中毒 »