« 立ち読み | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »

ゴアテックス回帰

立ち読みして知ったのだけど、patagoniaが来期ゴアテックスを使ったアウターを出すそうだ。

patagoniaはH2No?とかって自前の防水透湿繊維を使ってるけど、実は昔はゴアテックスを使ってたらしい。H2Noに換えたのは、ゴアテックスがリサイクルに向かなかったからだそうな。

で、今回ゴアテックスに戻すのは、ゴアテックス(企業の方)が何とかってpatagoniaが好きそうな環境認証だかなんだか、ちがったかもしれないけど、ともかくシーシェパードとかと同じく評価されたらしいからのようだ。

理由はともかく、わざわざゴアテックスに戻すってことは、性能的にはやっぱりゴアテックスの方がいいってことなんだろうか。あるいは、ゴアテックスの方が知名度も高くて売れるってことなんだろうか。単純に数出ているゴアテックスの方が安く上がるってことだろうか。

土砂降りの中で滑ったこともないし、汗をかくような登りでは脱いでしまうのでよく分からないけど、少なくともH2NoのPrimo JacketとGore-tex SoftshellのSabre Jacketとのちがいは、端で見てる分には感じなかった。

それにしても、商品リストからどっちもなくなってるのって、ダメ出しされてるみたいで微妙だ。今のところ、BCデビュー以来、山で同じウェアに出会ったことはない。でも、この間グスベリで「古いけど実は高価いウェアなんだよ」ってアークのウェアを見せてもらったときは、お揃いでちょっとうれしかったけど、自分もアークを着ているとは何となく言えなかった。まあ、来シーズン後方羊蹄山ツアーへ一緒に行ったらすぐバレるけど、早く冬来ないかな。

|

« 立ち読み | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立ち読み | トップページ | 続報 放射能汚染地図 »