« 雨が降ったらお休みで | トップページ | ただ乗りのアクセス推移は語る »

JES Deinterlacer

60fpsで撮影したGoProの動画はJES Deinterlacerで変換する方がずっと楽だった。

前にQuickTime Player 7でちまちま書き出しもしてみたけど、やっぱり面倒だった。GoProで60 fpsで撮影した動画はFinal Cut Express (FCE)で読み込めないし、どうせHDVから取り込んだ素材と一緒に編集するので、変換は1440x1080のApple Intermediate Codec (AIC)にする。

ただし、変換するときに60 fpsのままだとFCEで読み込んだときに30 fpsとして扱われてしまうので、JES Deinterlacer (Deinterlacer)のProjectパネルでMovie speedを0.5に設定する。SettingsでHeightを1080、Widthを1440に、Frame rateを29.97にする。書き出しはOutputパネルでCompressorをDirectの方のAICを選ぶ。

JES Deinterlacer new project dialog

こうすると、再生速度が半分になった30 fpsのAICファイルができあがり、FCEに読み込めば、HDVから取り込んだ素材と比べてほとんど違和感なく編集できる。

ファイルを丸ごと変換するとディスク容量がもったいない場合は、QuickTime Player 7で参照ムービーとして別名で保存したファイルをDeinterlacerで変換するといい。

|

« 雨が降ったらお休みで | トップページ | ただ乗りのアクセス推移は語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨が降ったらお休みで | トップページ | ただ乗りのアクセス推移は語る »