« まだ捨てられないRosetta | トップページ | 第1回青空教室2011 »

ネビュラチェーン

Lionにログインしてデスクトップを見たとき最初に思い浮かんだ言葉だった。

Lionのデフォルトのデスクトップピクチャ、つまりWindowsで言うところの壁紙だけど、desktop(机の上)に壁紙(wallpaper)を貼るというWindowsのセンスの悪さ。机の上に壁紙を貼るバカはどこを探したっていないし、今どきのまともな家じゃ壁紙なんてシックハウスの原因になるもの貼らないし、まあ、話が逸れたので、Windowsの不可解な仕様はこの際置いておいて、まずLionにログインして目の前に現れたのはアンドロメダ銀河だった。ちなみに、ネビュラチェーンがどんな技だったかは、昔のことなので名前しか覚えてない。

LeopardとSnow Leopardも宇宙っぽいデスクトップピクチャではあったけれど銀河ではなかったと思う、たぶん。なんで銀河になったんだろう?Developer Preview 3までは富士山だったっぽいし、何年か前に銀河の妖精が「ライオン」を歌っていたというのとはさすがに関係ないだろうし、そもそもストレートにライオンじゃだめだったんだろうか?Snow Leopardにも雪豹が入っているのにデフォルトじゃない。とりあえず、MacBookのデスクトップピクチャをしばらくSnow Leopardにしてみよう。

ともあれ、ネットしか使ってなかったMacBook Airに半ば強制的にLionをインストールさせてもらったわけだけど、ダウンロードとインストールに結構時間がかかるので、App Storeで購入してからダウンロード待ちで放置。さらに、インストールを開始してから結局寝てしまって朝まで放置。そして、目が覚めてから目にしたMacBook Airの画面には、山ガールっぽいオシャレなログイン画面が表示されていた。さすがはアップル。

Lionを触ってすぐに違和感を覚えたのは、スクロールの方向が逆だということ。いくら2本指でトラックパッドをスリスリしても画面がさっぱりスクロールしてくれない。そこでなんとなく指を逆向きにスリスリしてみたら、今度はちゃんとスクロールできた。もしかしたら、AT車でアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えるバカの気持ちって、こんな感じなのかもしれないと思った。ちょっと違うか?

時間もないのでせいぜいMailの外観がずいぶん変わったのを確認したくらいでひとまず終了。Lion使いこなすには、マルチタッチジェスチャーを覚えておかないとダメそうだとは思った。どうせ自分のMacBookはマルチタッチに対応していないから、Lionにアップグレードするメリット少なそうだ。

|

« まだ捨てられないRosetta | トップページ | 第1回青空教室2011 »

コメント

おめでとうございます(でいいのかな?)!
ぼくもLIONには興味ありましたが、
同じく古いマックでは恩恵が制限されるし、
前回の10.6と同じく、スキャナドライバとかが対応しなくなっちゃうので様子見にしました。
新しいairはかなり欲しくなったんですけどね。今回は我慢。

デスクトップに山ガールってのもアリですかね〜。

投稿: naokiss | 2011年7月22日 (金) 20時27分

>naokissさん

MacBookにはLionにするメリットよりデメリットの方が大きいので
Snow Leopard専用マシンにすることに決めました。
やっぱり厳しいですよね。

新しいAirっていいですよね!
あまりのハイスペックに驚きです。
Thunderbolt Dysplayと組み合わせたら最強ですね。
もう光学ドライブの時代は終わったんでしょうか。

山ガールの彼女だったらアリですね、きっと?
でも、普通に由依ちゃんでいいんじゃないですか?

投稿: H本 | 2011年7月22日 (金) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ捨てられないRosetta | トップページ | 第1回青空教室2011 »