« ツール・ド・北海道観戦 | トップページ | レイヤリング 滑り手25人目の選択とその理由 »

市民クリテリウム観戦

ツール・ド・北海道最終日はモエレ沼公園。

今日はカメラマンとしてもキョロ&キッズをサポート。昨日はCFカードを入れ忘れたので、今日はちゃんとCFカードを入れてから昼前に出発。会場へ着くと、プロのレースが終わって表彰式をしていた。プロ選手には興味ないので、撮影場所を探してコース脇を歩いた。

撮るのは記念写真なので、どこで撮ったか分かるようにモエレ山を入れようと思ったけど、イマイチいい場所が見つからない。走る向きと山の位置が上手く合う場所がなかなか見つからず、公園の端っこでカメラを構えることになった。

そもそも、チャリは初めての被写体なので、撮り方が分からない。見せ場が分からないので、どう撮っていいか分からない。なので、とりあえず、撮ってみた。

2輪なので走っていることは何となく伝わるけど、止めるとスピード感がない。

望遠レンズで撮ってみたけど、この画角だとまだ迫力不足。

構図を縦に変えてもっと寄ってモエレ山も入れると、少しはいい感じになった気がする。

今度は離れてコーナーの傾きを撮ってみた。ついでにシャッタースピードも遅くして。もうちょっときついコーナーの方がよかった。

動きを表現する定番、流し撮り。前後の背景がクソだけど、場所を選んでる時間がなかったので仕方ない。

1人抜き去ってゴールへ加速。っぽく見えると思い込んで。

ラリージャパンを初めて観に行ったときも思ったんだけど、タイヤで動くものの動きを写真で表現するのは難しいと思った。スキーなら身体の動きやスプレーで動きを表現しやすいけど、それ自体があまり動いてくれないと苦しい。ゴールだったらもう少し動いてるっぽく見えたかもしれないけど。

今回のサポートのお礼で焼肉をご馳走してもらった。沖縄のスキーの大会へ出場しに行くときはサポートしてくれる約束になった。寒冷化するまで後何年?そもそも大会とか興味ないけどね。とりあえず、3日間おつかれさま。

|

« ツール・ド・北海道観戦 | トップページ | レイヤリング 滑り手25人目の選択とその理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツール・ド・北海道観戦 | トップページ | レイヤリング 滑り手25人目の選択とその理由 »