« 新ヒラフゴンドラ | トップページ | 千春沢の滑り »

ビーコン遊びと立ち漕ぎトレ

どこかへ出かける気も起きなくて、河川敷で遊んで来た。

まずは、自分のと借り物のオルトボックスX1でビーコン捜索のおさらい。X1は35 mから距離表示が出る。十数mから方向の表示も出る。発信側のビーコンの向きを水平に置いたり垂直に置いたり、ちがいを探してみようとしたけど、よく分からなかった。とりあえず、垂直に置いた場合、距離表示が飛ぶことがあって、去年の雪崩講習会を思い出した。

そんなわけで、ビーコンは壊れてなかったというオチ。仕方ないから、雪が積もってからまたやってみよう。そのときはニュービーコンも使って。

複数サーチ&切り離し機能の正確さは一番!【2011モデルセール品】マムートパルスバリボックス【アバランチビーコン】MAMMUT Pulse Barryvox 【送料無料】【smtb-f】★02P04oct10 複数サーチ&切り離し機能の正確さは一番!【2011モデルセール品】マムートパルスバリボックス【アバランチビーコン】MAMMUT Pulse Barryvox 【送料無料】【smtb-f】★02P04oct10

販売元:白馬ブルークリフ楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

まっすぐ帰るのもなんだから、ちょっとサイクリングロードを立ち漕ぎテレマークトレーニングをして帰った。左右に蛇行して走る怪しいヤツへの冷たい視線を感じつつも、この立ち漕ぎが思いのほか楽しい。

ただ立ち漕ぎするわけじゃなくて、スキーのターンと同じようにカーブの内側に身体を倒し込んで加速する。そのときに内足にしっかりと体重を乗せながら、外足をゆっくり前に出す。スムーズなターンになるようにハンドルでちゃんと舵取りをする。サドルがちょっと邪魔だけど、雪虫が舞う中をこんな風に走っていると、まるで本当にテレマークで滑ってるような気持ちになって、すぐにミュンヘン大橋に着いてしまった。

ちょっとコーチャンフォーに寄ってBravo Ski Vol. 2を立ち読み。フリースキーマガジンというよりは、もうほとんどパウダースキーマガジン。Powder Ski 2012にはテレマークがなかったので丸かぶり。皮肉なことに、Solitaireの紹介記事もBravoの方が面白かった。Fall Lineにも実は記事が載っていたらしいので読んでみよう。

Bravo ski 2012(2) (双葉社スーパームック) Book Bravo ski 2012(2) (双葉社スーパームック)

販売元:双葉社
発売日:2011/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただ、こうなってくると早くSoul Slideを読んでみたい。今まで中を見たことすらない。あまり期待しすぎると残念なことになりそうだけど、これほどテレマークが排除されていると、いやでも期待してしまう。

|

« 新ヒラフゴンドラ | トップページ | 千春沢の滑り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新ヒラフゴンドラ | トップページ | 千春沢の滑り »