« 2次元 VS 3次元 | トップページ | ドッキリ? »

料理のようなテレマークの味付け

永島秀之が語るテレマークモデルの力〜専用のセッティングは乗り手も進化させる〜という記事を読んだ。

SOUL SLIDE 2011を借りたので早速読んでみたら、Vector Glide for Telemarkの開発に携わっている永島さんの記事が載っていた。

ソウルスライド2011 (SJテクニックシリーズ No. 96) Book ソウルスライド2011 (SJテクニックシリーズ No. 96)

販売元:スキージャーナル
発売日:2010/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

WHITE BOOKを読んでテレマークモデルとアルペンモデルとのスペックのちがいには気付いたし、ショップではテレマークはテールの張りが大事だとか、実際、Vector Glideのテレマークモデルは全体的にアルペンモデルより柔らかいけどテールだけは堅いと聞いていた。色や柄だけ変わってるわけじゃないようだった。

こうしたことを確認することができる内容の記事だった。開発者らしい詳しい解説もあって、テレマークモデルのBoldだけがアルペンモデルのCordovaとベースを共有しているそうだ。てっきりすべてのモデルが共有しているのかと思ったらそうではなかった。確かに、カタログを見てテレマークモデルのトップがアルペンモデルよりもとんがっているのには、この間藻—リスさんに教えてもらって気付いた。一方、BoldはCordovaと同じトップ形状をしている。テレマーク専用設計のモデルでは、ちょっとした味付けの違いで、ターンのしやすさが違ってくるらしく、フレックスやトーションはもちろん、ベンドの強さやどこから反っていくのかなどの細かいセッティングが違っているそうだ。

セッティングが特に大きく影響するのが内スキーなのだそうで、パウダーを滑る場合、内スキーが浮きすぎてもダメですし、刺さっていくような感じではもちろんダメで、ちょうど良いバランスがあるらしい。そのバランスを板のセッティングで調製するのだそうだ。料理をするように。

とはいえ、滑る側としては、オートマ車のようにセッティングに任せてしまうのではなく、この点に注意しながら滑る必要もあるのだと思った。板の性能でカバーできない部分は、自分の技術でカバーするしかない。アルペンよりも難しい理由の一つかもしれないけど、この難しさがテレマークを面白く感じさせるのだと思う。

セッティングの説明の中で目を引いたのが、スキーをしならせられないことが原因でスキッディング技術から抜け出せないテレマーカーが多く見られるという言葉だった。アルペンよりスキーをしならせることが難しいテレマークで全体的にフレックスをソフトにしているのは、カービングの技術をもっと身につけやすくするためのセッティングということらしい。そうは言っても、バックカントリーで気持ちよくカービングで滑れる条件は、よっぽどきれいにパックされた斜面か春でもなければ巡り会えないと思うけど、パウダーでもカービング要素を意識して滑るということなのだろうか。

そんなテレマーク専用モデルでも、BoldのノーマルはScarpa T1のような堅いブーツ向けで、逆に、Bulky誰にでも乗れるモデルなのだそうだ。でも、Omnny Telemark徹底的にテレマーク用に磨き上げたスキー板で、もっともオールラウンドに使えると聞くと、Boldよりも魅力的に感じる。Cordovaの名声が響き渡っているとはいえ、必ずしもテレマークでもそのまま快適に使えるというわけでもなさそうだ。

そして、記事の最後には、永島さんが乗るモデルに先シーズンから加わった板についてコメントが載っていた。Geniusだった。

Geniusはマウンテンシリーズ(H本注、アルペンモデル)の板ですが、テレマーカーにもお薦めのモデルです。ビッグファットですから、パウダーでの使用が中心になりますが、扱いやすくすごくナチュラルに乗っていけるんです

テレマークではないけれど、Pontoonの自分やButter Knife(初代)のesukiくんよりもずっとナチュラルに、ビッグファットであることを感じさせない自然な滑りを藻—リスさんがしていたのを思い出す。

|

« 2次元 VS 3次元 | トップページ | ドッキリ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2次元 VS 3次元 | トップページ | ドッキリ? »