« 料理のようなテレマークの味付け | トップページ | ban.K Mountain Film Festival in Japan 2011 »

ドッキリ?

「あんたら本物なのか?」

結局、3ヵ月近く入院したままのグランマが、胃ろうを付ける手術を受けたのでママンとお見舞いに行った。そして、自分たちにかけた言葉がこれだった。

「あんたら本物なのか?」

言っている意味がよく分からないので何とか聞き出してみると、どうやらグランマは自分が病気だとは思ってなくて、無理矢理病院に閉じ込められていると思っているらしい。だから、病院の職員か誰かが家族の変装をしていると思ったようだ。

2ヵ月前にICUにいた頃にデジカメで撮った写真を見せた後、これまでの経過を話してやってようやく納得したようだけど、とにかく病院に閉じ込められていると思っているのは変わらないようだ。自宅で看病しない家族が悪いと思っているようで、毎日仕事帰りに見舞いに寄っているママンにも対しても冷たい。

自分は毎日見舞いになんて行くのは面倒なので、1週間おきくらいに行っていた。でも、先週は「どうして見舞いに来ないんだ」と怒って騒いでいたので、仕方なく雨の中家から歩いて行ったのに、グランマに叩かれそうになって避けるなんてことがあった。

想像力が豊かなのかボケが進んでるのかよく分からないけど、もともと性格悪い人間が病気でさらに性格が悪くなったように感じる。万一、自分が誰かに面倒をみてもらわなくてはいけなくなっても、ちゃんと人に気を遣えるような人間でありたい。

|

« 料理のようなテレマークの味付け | トップページ | ban.K Mountain Film Festival in Japan 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 料理のようなテレマークの味付け | トップページ | ban.K Mountain Film Festival in Japan 2011 »