« SAJでもわかる痛板の作り方 | トップページ | 12/1/24 さっぽろばんけいスキー場 »

APPROACH KDMは軽かった

前から気になっていた児玉毅シグネチャーモデルのApproach KDMをこの間OHMA34さんに貸してもらった。

Powder Basketが付いた状態でも、パドルクラブの段ボール箱に入っていた4,980円の自分のポールと重さが大して変わらない。グリップもとても握りやすい。振りやすくて伸縮ポールとは思えなかった。

試しにesukiくんのBDの伸縮ポールも借りてみたけど、前に借りたときと同じく重くて邪魔。余計な物をわざわざ持っている感覚が強くて不愉快。同じ伸縮ポールでこんなに違うとは思わなかった。

そもそも、長距離のトラバースはまずしないので、伸縮ポールの必要性は怪しい。北海道では形から入る人向けのような気がする。しかも、Approachは2万円近くするらしく、財政負担は重かった。

|

« SAJでもわかる痛板の作り方 | トップページ | 12/1/24 さっぽろばんけいスキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SAJでもわかる痛板の作り方 | トップページ | 12/1/24 さっぽろばんけいスキー場 »