« 痛板の痛さの見える化 | トップページ | フェイスブックやってる? »

立木ファイヤーワークス

アンヌプリの事故からツリーランの危険性について考えていた。

スキー中転倒 38歳女性死亡 ニセコ01/03 10:30
 【ニセコ】2日午前11時半ごろ、後志管内ニセコ町のニセコアンヌプリ国際スキー場のコース外の林の中で、兵庫県西宮市南甲子園1、会社員上道仁美さん(38)が倒れているのを、同スキー場のスキーインストラクターの男性が見つけ、119番通報した。上道さんは顔面を強打しており、間もなく死亡した。

 倶知安署によると、現場はスキー場中腹の中級コースから、コース外の林に4メートルほど入った地点。上道さんはスキー1級の上級者で、昨年12月30日から家族5人で町内を訪れていた。

 同署は上道さんがスキー中に誤って転倒し、立木か雪面に顔を打ち付けたとみて調べている。

ちなみに、見つけたのはインストラクターではなく客らしい。

この記事ではヒットしたのが立木かどうか分からないけど、羊蹄山のツリーランも怖かった。まだ下手くそなテレマーク。アルペンのようには曲がりたいときに曲がれないので、立木を避けるだけでアドレナリン出まくり。何かあったらアウトだなぁと思いつつ滑ってた。

アンヌプリで死んだのはおそらく一人で滑っていて、あるいは、仲間から見えないところで滑っていたんだろう。山では基本的にお互いに見えるところで滑っているけど、ミクと二人きりのときはどうにもならない。そこで、雪崩エアバッグのようなギアを考えていて思いついたのが、立木ファイヤーワークスだ。何となくラノベのサブタイトルっぽいかも。

どういうものかというと、立木に激突した衝撃を感知して打ち上げ花火を上げるというギア。一人で滑っていても遠くの人に、立木にヒットしたことを音と光で伝えられる。救援が間に合わなくても、華々しい最期を遂げられる。散り際の美しさを愛でる日本人に相応しい。アウトドア業界と日本の伝統文化とのコラボレーションが実現して、海外展開の可能性も高い。TPPだ、国際競争力だとほざいているバカはこれで死ね。

|

« 痛板の痛さの見える化 | トップページ | フェイスブックやってる? »

コメント

痛ぇーーー

投稿: minami | 2012年1月11日 (水) 00時38分

>minamiさん

痛くてすみません。

投稿: H本 | 2012年1月11日 (水) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛板の痛さの見える化 | トップページ | フェイスブックやってる? »