« 最強の基礎スキー(基礎板) | トップページ | キーの電池交換 »

12/2/2 さっぽろばんけいスキー場

思わぬばんけいパウダーで久しぶりにアルペン?

藻ーリスさんからCordovaとT2Xを借りれることになったので、ザックを返しに行くついでに両方借りて、そのままスキー場へ向かった。駐車場へ着くと、スキーを担いで歩いて来るeskixくんとすれ違う。ロッジに着いてから気付いた。「あれっ、テレじゃないの?」

ある程度滑れるようになるまでテレをやるつもりでいたので、ちょっと拍子抜けしてしまった。まあ、練習の仕方は人それぞれだろうから。何かこれでテンション下がったので、貸し出し用に持って来たアルペンブーツと板で久しぶりに滑ることにした。

ゲレンデに出るとまさかのばんけいパウダー?15cmくらい深雪が積もっていて、ゲレンデ全体のバーンも柔らかくてばんけいらしくない。ばんけいパウダーというには浅いけど、アイスバーン以外のばんけいを久しぶりに滑れた。最後に、久しぶりのアルペンスキーの滑りを撮ってもらう。

というのはウソで、実はいつも通りテレでした。

前からテレのアルペンターンでどこまで攻めれるかには興味があったので、最後はネタのつもりでカービングしてみた。練習なしでいきなりでビビってるので余計にヘタクソだけど、1本目でも一応これくらいは滑れるようだ。これならパウダーでの高速カービングだって、テレビンディングでそのままアルペンターンすれば、わざわざTLTとテレのハイブリッドの必要もないような気もした。テレ最強。

ただ、2壁でアルペンターンの小回りをしようとしたら、さすがにサイドカーブで曲がらないターンの場合は、踏み替え動作で踵が浮くのが気になる。自衛隊っぽい滑りになってしまった。道具はずっといいはずなのに。

緩斜面でスイッチも練習してみたけど、この日でよかったと思った。もう全然ダメで転びまくり。頭では分かっていても、つい身体が遅れてブーツの脛の方に力がかかってしまい、真ん中に重心を持って行けない。アルペンですらスイッチ得意じゃないので、やっぱり厳しい。

テレマークをテレマークターンに限定してしまうより、積極的にアルペンターンも使ってスキーを楽しんだ方がいいという思いを強くした一日だった。

チケット残り12時間。

|

« 最強の基礎スキー(基礎板) | トップページ | キーの電池交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最強の基礎スキー(基礎板) | トップページ | キーの電池交換 »