« 初音ミクの年齢 | トップページ | Slackline 6 »

Slackline 5

スラックライン5日目は、また家の近くの公園へ行って、今度は夜に公園の電灯の明るさが十分かどうかのチェックを兼ねて。

前回、電灯があることは確認していたけど、18時半になっても点灯しなかったので、明るさの確認はできなかった。

急いで晩飯を食い終えてから、19時前に自宅を出発。まあ、チャリの立ち漕ぎで3分もすれば公園に着くのたけど、まだ少年野球の練習をしていた。

早速、前回ラインを張った木にツリーウェアを巻き付けてラインを張る。手際が悪くて時間がかかったけど、日が沈む前に完了。木々の間からかすかに見える夕日がきれいだった。

照明テスト

1人だと退屈だろうと思ったので、健康系トミーくん方式で、iPhoneでミクの歌を流しながら練習。虫除けをしたけど、夕方は蚊がいっぱい寄って来て気になる。特に、顔のまわりに集まるのが我慢できない。静止したりゆっくり歩いているとどんどん寄って来るので、全然練習に集中できなかった。

そこで、動いていれば寄って来ないだろうと思い、走り高跳びするみたいな要領で、離れたところからラインへ向かって走って行って飛び乗る練習をしてみた。当然、そんなのできるわけない。でも、蚊が寄って来なくなったので、何度もやってるうちにコツが分かって来た。だんだん成功するようになる。

ただ、ラインを60cmくらいの高さに張ったので、ジャンプするだけでも結構疲れる。そのうち助走するのも面倒になって、ラインの横でジャンプして飛び乗ることにした。

どっちもだけど、右脚が後の方が乗りやすい。ボードだったらレギュラー。テレだと右脚が前の方が乗りやすいので逆だ。といっても、テレ始めた頃は、逆に右脚が後の方が乗りやすかったけど。

そんなことをやっているうちに、辺りは暗くなって電灯が点いた。

点灯!

ちょっとすると藻ーリスさんも遊びに来たので、ラインが高かったけど、少し一緒に練習する。ラインの両脇に電灯があって道路の街灯もあるので、案外明るくて練習するには十分だ。

明るさギリギリ

問題は蚊。動きが少ないとどんどん蚊が寄って来るので、とにかく激しく動く必要がある。おかげでいつもより疲れて汗だくになった。

とはいえ、家からすぐそばの公園へ行って、さっと木にラインを張って2時間程度遊ぶだけでも十分楽しめる。大きな音も出ないから夜やっても近所迷惑にならないし。しかも、ラインさえ買えば、あとは何度やっても金がかからない。今ならアルティメットまどかとほとんど同じ価格で買える!

|

« 初音ミクの年齢 | トップページ | Slackline 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初音ミクの年齢 | トップページ | Slackline 6 »