« 雪山で雪崩に遭わないためにチョッカルチョッカル〜 | トップページ | 秀岳荘のセレブな彼女 »

パウダーを滑るだけの簡単なおしごと

ban.Kで初めて開催されるPOWDER WORKSへ行って来た。

スタートの18時をすぎてセンターロッジへ入ると、まず受付で500円払って抽選券とワンドリンク券を受け取る。車なのでジンジャーエールをもらって空いてる席を探してると、最近Facebookのエッチな画像でよく見かける人がいた。すぐそばにプロジェクターの後で空いている席を教えてもらった。席に着くとすぐ、最初の上映が始まる。

抽選券

「RISHIRI SESSION」とかってスノーボードメインで春に利尻山を10日間メンバーが入れ替わり立ち替わり滑り続ける映像だった。初日のパウダーから腐った雪まで、雪とメンバーが変化しながら滑る映像。でも、MCうるさいとか、映像もなんかダラダラで撮影上手くもないとか、個人的にはかなり残念な感じだった。3日前にicon 7観たばかりだから余計に。比べても仕方ないけど、20、30年前に前田さんが滑ったときの方がずっとスティープな斜面だった。

KEY PHOTOのLEBANONのスライドショーは、UPLNDで観たものの初日の行間を読んだような印象で、タケさんのトークもあってそれなりに面白かった。でも、フォトブックに載ってる写真が出てないので物足りない。スライドショーでインパクトあった方がフォトブック売れると思うど。

車団地の最新作のDIYの意味は、この日話を聞いて初めて知った。GoProやContourでライダーが自分で撮った映像をメインに制作した作品らしい。タイトルもコンセプトもパクりたくて仕方がないけど、時間がないのでそのうち気が向いたらやろう。映像も編集もこっちは参考になった。でも、上映は飛び飛びで何ともビミョー。

[スノーボードDVD] 車団地 Car Danchi 6 D.I.Y トレーラー from Visualize Image on Vimeo.

車団地やBUILDなどのサウンドトラックにも採用されたというTOKKYの熱い演奏を挟んで、BUILD4の上映が始まった。といっても、会場へ来てるライダーのパートだけで、まだ完成してないらしい。で、ちょっと変に期待しすぎていたみたいで、いまいちに思えた。

結局のところ、どれも知り合いのライダーが出てたら楽しめるけど、そうじゃないと何度も繰り返して見たいと思うような映像じゃない気がした。シーズン初めにテンション上げるために1回見て終わってしまうような、賑やかな映像だけど、仲間内で盛り上がるための作品のように見えてしまった。わざわざDVDを買おうって気はしないんだよな。ライダーのPV以上のものがないと手が出ない。たとえ大根と芋がもらえても。

最後のKEY PHOTO特別ムービーはボーダーの山内さん?のハッピーバースデームービーだった。こういう趣向って大事なのかも。バフン当日誕生日の人いるのかな。

最後に抽選会があるらしいので密かに期待していたけど、見事に何も当たらなかった。Nitroのパーカーか何かを当てた人がうらやましい。すでに運は2年前に使い果たしてしまったからなぁ。

なんというか、いつかban.Kでバンフみたいな映画祭が開かれたらいいなぁと思ってたけど、一応はそれっぽいカタチでプロのみなさんががんばってて面白かった。札幌にはショートフェストもあるんだし、いつかホントにバンフみたいなアウトドアの映画祭が開かれたらいいのに。バンフ行ったことないけど。

|

« 雪山で雪崩に遭わないためにチョッカルチョッカル〜 | トップページ | 秀岳荘のセレブな彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪山で雪崩に遭わないためにチョッカルチョッカル〜 | トップページ | 秀岳荘のセレブな彼女 »