« ban.K Mountain Film Festival World Tour | トップページ | 12-13シーズン »

12/11/24 札幌国際スキー場

待ちに待った初滑りは、これまでのスキー人生でもっともたくさんの人たちと滑った初滑りになった。

ちょっと前にmasaxさんと一緒に滑りに行く約束をしていたところ、なでこスネークスのみんなも滑りに行くということで、みんなで一緒に滑ることになった。バフン東川へ行っていたこともあって、当日は現地集合だと思ってた。

5時半に起きると明らかに寝不足だったけど、半年ぶりにスキーの道具を思い出し思い出し準備して、なんとか待ち合わせの7時にmasaxさんの家に着いた。そして、北回りで札幌国際スキー場へは8時20分くらいに到着。いつもの場所で準備をしてると、村長さんたちがやって来た。来ること全然知らなかったので驚いた。

くるトクのポイントが継続するらしいので、チケットを買ってゴンドラへ乗ってまずは1本滑る。寝不足で準備する時間もなくて道具はテレだけ。テレでの初滑りは2年目。去年とちがって滑り方は忘れてなかったし、はちゅねと来たのでミクほど滑るの大変じゃないけど、やっぱり久しぶりのテレマークは疲れる。

そんんわけで、この日はすっかりアルペンターンの練習日になった。テレマークスキーだからってテレマークターンをしなくちゃいけないわけじゃない。テレマークスキーでカッコいいアルペンターンができれば全く問題ない。むしろ、滑りの幅が広がるってものだ。実際、カービングがしやすくて楽しい。そんな感じで初滑りから無理にテレマークターンにこだわらずに滑っていた。

途中、Asaさんたちと合流。遅れてスネークスのeskixたちとも合流して、10人を超える集団になっていた。ただ、心配だったのは藻ーリスさんがいないこと。配車の連絡をちゃんとしてなかったのがまずかったみたいだ。休憩しているときに困ったなぁと思っていたら、幸い、藻ーリスさんがやって来たのでホッとする。

そして、これで人数を数えてみたら、なんと15人も集まっていた。去年じゃ考えられない。バフン効果といっても良さそうだ。バフンをきっかけにオフシーズンにも一緒に遊ぶ機会があって広がった繋がり。この初滑りの人数の多さが証明しているように感じた。

それにしても、この日はとても面白いものを見れた。b.c.mapの公開処刑とでも言おうか。こうも無惨にはぎ取られるステッカーを見ると、さすがに痛々しかった。

むしり取られたb.c.mapのステッカー

ゴンドラには7本は乗れただろうか。初滑りでボロボロになったので温泉にでも入りたいところだったけど、風邪がまだ治ってないし、みんながカラバトへ食べに行くらしいので、一緒にカレーを食べて帰った。

寝不足なので家に帰ると片付けをして早く寝たかった。でも、その前にミクに残してたステッカーも剥がして捨てた。みんなも剥がそう。

ゴミ箱の中のb.c.mapのステッカー

|

« ban.K Mountain Film Festival World Tour | トップページ | 12-13シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ban.K Mountain Film Festival World Tour | トップページ | 12-13シーズン »