« 13/2/3 札幌国際スキー場 | トップページ | 水着回 »

13/1/20 羊蹄山

まわりはみんなVUCへ行っちゃって寂しいし、アニソンを聴きたくて連れて行ってもらった。

近頃、北海道のBCではアニソンがどこからともなく聞こえて来るらしい。去年の羊蹄山ではトミーくんがハイク中にアニソンを流していてデカルチャー。夏の間はスラックラインのときにアニソンを聴くのが流行っていたけど、どうやらついに冬のBCでも始まったようだ。「俺の歌(アニソン)を聴けぇ!!」熱気コグラ。自分では歌わずスピーカーから爆音を流すだけらしいけど。

ともかく、急遽、アニサウンドフォースのメンバーに抜擢され、ズミさん、りかさんとともに出撃した。朝早かったので、当初の出発時間がコグさんのアニメ消化のために30分遅れることになったのはうれしかった。先週に引き続き朝マックのあと、道路情報館でズミさんと合流。車チェンジで羊蹄山へ向かった。2列目、3列目のシートを片方だけ倒して荷物を積むと、スキーでも4人乗車できる。ガソリンが高価いのでこの方式はうらやましい。

コグさんがズミさんの車で流すのは、りかさんのために作ったカードキャプターさくらのプレイリスト。さくらちゃんと知世ちゃんの話で盛り上がりながら、夢をユニゾンした。

コンビニに寄った後で喜茂別の登山口へ着くと、車は一台しか停まっていない。ちょうど2人のボーダーが登り始めたところだった。準備をしていたらたまたま3人ともアークだったのでニヤニヤしてみた。

ハイク時のプレイリストは花澤香菜。ロウきゅーぶ!OPのSHOOT!もソロバージョンだった。

なんか終止こんな楽しい雰囲気なので、縞パンの話になったときに、りかさんに小学生の頃のパンツの柄を聞いたら、さすがにコグさんにも注意された。今履いているパンツの柄を聞いたらセクハラだけど、子どもの頃のパンツの柄を聞いてもいいような気がしたのは勘違いだったのかもしれない。

パンツといえば、ベンチレーションから覗いていた赤い学ジャーを見つけたりかさんは、その赤ジャーに見覚えがあるらしい。実は高校の後輩ということが判明。同じジャージを履いた仲だった。もう履いてないみたいだけど。

コグさんの方から流れて来るアニソンを聞きながら、ズミさんとテレマークやサーフィンの話をして登ること標高1,000m。先行の2人はここでドロップしたらしく登りトレースが途絶えた。アニソンのヲタエネルギーで逃げ去ったわけではなさそうだけど、ともかく、ラッセルありがとうございました。

ここからラッセルが始まったけど、大変だったのはスノーシューが埋まること。スキーとスプリットボードで踏み固めてもスノーシューは沈んでしまう。なんとか1,320まで登って滑り降りる。

実はこの日カメラをすべて道路情報館の車チェンジのときに忘れて来てしまった。なのでライダーとして滑りに徹する。

ファーストのコグさんは、何の曲だったか覚えてないけど滑り用のお気に入りのアニソンをスタートさせてドロップイン。アニソンのドップラー効果がカッコいい。

視界はぼちぼち。雪は結構いい。今回はライダーなので一度も転ぶこともなく気持ちよく登山口まで滑り降りた。

20130120 from kogu2290 on Vimeo.

滑り終わってからまた記念撮影。

温泉より食欲を優先して味の三喜へ行って麻婆定食。お腹いっぱい。

道路情報館でズミさんと別れた後に、ハードオフへ寄ってコグさんのテレブーツを探してみた。その前に中古フィギュアをいろいろ見たけど、自分が持ってるフィギュアと同じものというか、嫁が叩き売りされてたらショックだ。かわいそうだから引き取ってあげたくなる。危ない危ない。

肝心のテレブーツは1足しか置いてなくてサイズも合わない。仕方なくそのまま帰った。やっぱりテレブーツを中古で調達するのは難しそうだ。

それにしても、ツアーログっぽい割に滑りのこと全然書いてないな……

|

« 13/2/3 札幌国際スキー場 | トップページ | 水着回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 13/2/3 札幌国際スキー場 | トップページ | 水着回 »