« 横乗でカルチャー | トップページ | ナレーションがTT »

愛con上映会

去年のグリーンランドに続いて今年は「icon 8/Persona 2」のリリース。

バフン翌日で、昼からあちこち出歩いて、秀岳荘の利尻イベントではまさかの立ち見で疲れていた。会場へ行く前に札幌駅の近くでピザで腹ごしらえしてから向かい、会場ではいつものように前の方の席に陣取って、ケニアさんたちの挨拶が終わると上映がスタートした。

秀岳荘のトッチーさんがPersona 2の方で登場していて、「泣ける」という話だったけど、自分にとっては「寝れる」のまちがいだったw 食後に暗い会場で映像を見ていたら、ちょうどトッチーさんの途中で寝てしまった。ゲンテンファミリーのボーダーのパートはさすがに起きて見ていたけど。

今はボードほどテレマークに興味がないことの表れなのだろう。それに、ケニアさんが雑誌のように作ったと言っていた通り、雑誌のように読み飛ばしたくなるパートがあったり、パラパラめくるだけになってしまう。そういう風に作られたんだから仕方ないかもw

ドキュメンタリーが好きなのでPersonaの1作目はとても楽しかった。でも、寝てたせいもあるけど、イマイチ登場人物のことが伝わって来なかった気がする。DVDを買って何回か見直せばいいのかもしれないけど、オタクとして今時Blu-rayではなくDVDを買う気にはなれない。Blu-rayプレーヤー持ってないけどw

【送料無料】 Persona 【DVD】

【送料無料】 Persona 【DVD】
価格:3,888円(税込、送料込)

結局のところ、こういう作品って常に前回よりもいい作品を期待してしまうから、回を重ねるごとに厳しい目で見るようになってしまう。iconに至っては8作目。icon 3までが良かったと言う人もいる。登場するライダーだって年をとって滑りにキレがなくなるだろうし、iconファミリーの「ホームムービー」的要素が強くなって来たのかもしれない。ファンが楽しむ作品への変化。iconファミリーへの愛。愛conへと。

|

« 横乗でカルチャー | トップページ | ナレーションがTT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横乗でカルチャー | トップページ | ナレーションがTT »