« 16/4/23 KIRORO RESORT | トップページ | 16/4/30 KIRORO RESORT »

16/4/24 前十勝岳

久しぶりにカミフまで遠征。※写真は後日追加予定

もうカミフが遠征になってしまうほどすっかり遠出が面倒になってしまったわけだけど、三段山クラブのツアーにもずいぶん長い間参加してないので、今回はkazuくんとKBさん2人のスノーボーダーのメンバーを中心にツアーを企画してみた。前日にmsrnも参加することになったおかげで、札幌から一人でカミフまで往復するのは免れた。

いつものように6時に出発して、札幌ICから三笠ICまで高速。下道ももう路面凍結がないので走りやすい。白銀荘まで快調に走って8時すぎには到着。トイレを済ませて車に戻ると、ちょうどKBさんも着いたところだった。

望岳台まで移動すると、先に着いていたkazuくんも準備をしていた。その後、初めて一緒に滑るkazuくんの友達のakiちゃんも到着してメンバー全員集合。テレ1人、シュー3人、スプリット1人の計5人。

春シーズンは人も多い。白銀荘も望岳台も次々と車がやって来ては、続々とパーティーが出発していく。気温が低くて風が冷たいけれど、日差しの下を歩いているとすぐに暑くなった。足元の雪も緩んでいいザラメが滑れそうだった。

20160424_9_26_49

ところが、次第に空の雲が増えていく。稜線にかかっていた雲は、取れるどころか徐々に降りてきた。これではピークなんて無理だ。避難小屋を越えると日も陰って、一度緩んだ足元の雪は冷たい風に一瞬で冷やされてカチカチに戻ってしまった。

20160424_10_39_33

当然、こうなると登るのも大変になってくる。テレとスプリットはシールでのハイクアップが斜度が増すにつれて厳しくなった。こちらはシューなのでまったく問題ないが、シールはクランポンがないとそろそろ限界。msrnはクランポンを持ってきていないので、潔くハイクアップは終了。避難小屋周辺の緩斜面を緩く滑ることにした。

20160424_10_51_36

カリカリで滑落に怯えながら滑る準備を済ませ、ともかく避難小屋まで滑り降りた。斜度が緩くてよかった。硬さもエッジが効く程度だったので、それなりに滑りを楽しむことができた。

すぐそばを登っていた327gさんから途中で連絡があったそうで、避難小屋で合流。風を避けて中で行動食を食べていたけれど、日差しもなく熱源がないと体が冷える一方なので、少し日差しが出てきたところで外へ出て、もう少し下まで緩斜面を滑り降りることになる。

結果的にはここからの滑りが一番気持ちよかった。今シーズンはじめてまともなザラメ。斜度は緩いけどメロウな滑りを楽しめた。最近は緩斜面をカービングする方が楽しい。

さすがにこれで終了とはならず、日差しも出てきたので登り返すことになる。とはいえ、期待した日差しもすぐになくなり、避難小屋から上は相変わらずのカリカリ。シールが効かなくなったあたりでハイクは終了して、本日のラストランとなる。

撮影するために先に滑ったけど、エッジはかかるもののカリカリな斜面で飛ばす勇気はなくてずらして滑っていたけれど、調子に乗ってカービングしたらヒールサイドターンでノーズ側が刺さって敢え無く転倒。表面が硬くて軽く左ひざをひねった。危ない。新雪とちがって春の雪ではあまり前乗りしない方が良さそうだ。

みんな滑って合流し、そこからは登山口まで雪をつないで滑り降りる。つながっているか恐る恐る、アミダクジのような迷路のようなスリルを楽しみながら滑っていると、油断した隙にソールを岩にガリッとやられてしまった。ショックだ。

下山後は白銀荘で温泉、サウンドブースでご飯というカミフのルーチンをこなして札幌への帰途につく。久しぶりに森林限界より上で滑って滑落の恐怖も味わったけど、しばらくぶりに会った仲間や初めて出会った友達と滑れたので楽しかった。たまには遠征も悪くない。片道3時間だけどw

akiちゃん、写真Thanks!

|

« 16/4/23 KIRORO RESORT | トップページ | 16/4/30 KIRORO RESORT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16/4/23 KIRORO RESORT | トップページ | 16/4/30 KIRORO RESORT »