« ConCafé Moshiri | トップページ | 死の舞踏 »

巨乳の人は乳輪も大きいって本当ですか?

先シーズン後半から急遽導入してみたミレーのドライナミックメッシュが最近注目されているらしい。


結論から言うと、気温が低いバックカントリーなどではオススメだけど、暑い時期には向かないと思う。

汗冷えしなくていいとmsrnが絶賛するので、春の秀岳荘セールで買ってみた。msrnが買って着たのは、某ノマドの宮下ガイドやkeyphotoこと佐藤カメラマンが、いいと宣伝していたからなのだけど、スポンサードされたプロよりも身近な素人が実際にいいと言っているので、今回は思い切って自分も試してみることにした。

msrnが着ていたのは女性用の袖のあるタイプで、購入当時は秀岳荘で取り扱っていなかったので、サッポロファクトリーのミレーショップで買って来たそうだ。2サイズある大きい方を買ったら、生地が伸びて着ているうちに緩くなったそうなので、自分が買うときは小さい方を選んだ。ちなみに、女性用には胸のところにパッドがあるのが残念だ。


とりあえず、バックカントリーでいきなり着る前に自宅で試着。メッシュのシャツは以前からファイントラックのものが評判らしいけど、このミレーのドライナミックメッシュはファイントラックのメッシュに比べてメッシュの目が荒い。網を作っている紐?が太いというのか、結果として上にアンダーウェアを着ても、肌との間に空間が作られて通気が確保され、肌に濡れたアンダーウェアがベトベトまとわりつかないようにする狙いらしい。ただ、上にアンダーウェアを着るなら問題ないが、ドライナミックメッシュ1枚だけのときは乳輪が透けて見える。

Nyurin

さて、ゴールデンウィークの晴天でポカポカ陽気の日に余市岳へ滑りに行くときに早速着てみた。ドライナミックメッシュの上に薄手のメリノウールのアンダーウェア。その上にフリース。滑るときのアウターにはハードシェルというレイヤリング。ハイクのときは基本的にハードシェルは着ないけど、風が強い稜線上ではさすがに寒くて着た。

ザックと背中との間が普段は汗で蒸れるけれど、ドライナミックメッシュのおかげで汗で濡れる感覚がなくていつもより快適。これだと確かに汗冷えしづらいだろう。

それ以上に驚いたのは、ドライナミックメッシュの上にアンダーウェアを重ね着したときの保温性だ。2枚着ているのだから1枚より暖かいのは当然のように思えるけど、中の1枚はメッシュで隙間だらけだ。それにもかかわらず暖かいのは、メッシュの隙間一つ一つに空気が閉じ込められて、これが断熱材の役割を果たしているからだろう。

メッシュ1枚では風が少しでも吹くと涼しいを通り越してかなり寒いけれど、薄いアンダーウェアを上に着るだけで上にフリースでも着ているかのような暖かさだ。暖かいけれど、身体からの汗を外へ逃がしてくれるので、蒸れなくて快適だ。寒がりな自分には、普段の暖かさと汗冷えの予防を実現してくれる画期的な商品に思えた。

13130874_1058138480942096_868716529

ドライナミックメッシュの素晴らしさに感動していたのも束の間、風呂に入ろうと裸になったときにmsrnに言われて鏡で背中を見たら、なんか赤い点々が。じんましんかと思ったけど、妙に規則正しく並んでいる。どうやら、ドライナミックメッシュの痕のようだ。

擦り傷ではなく、どちらかというと気触れのようだ。過去にモンベルのジオラインで気触れたことがあったけど、そのときは洗剤を中性のものに変えてからは気触れなくなった。

驚いたのでキャンペーンへの申し込みのついでに思わずつぶやいたら、ミレーの人からDMが届いた。

メッシュの痕については次のような内容だった。

以前、ミレーアドバイザーの中でも同様の症状が出た方がいらっしゃいました。
フィット感を高めたメッシュ生地を使用していますので、肌の弱い方や敏感な方は、荷重がかかった部分にメッシュの跡がついたり、まれに肌が赤くなったりすることがあるようです。
脱ぐと自然治癒しますので、メッシュの跡や赤みは徐々にとれていきますが、長期間に渡り残る場合は医師にご相談ください。

要約すると、「放っておいたら治るからガタガタ騒ぐなヴォケ」ということだろう。

痛くも痒くもないし、実際、放っておいても治ったので問題なかった。その後も何回かBCで着てみたけど大丈夫だった。残念ながらキャンペーンにはハズれたけどw

蒸れなくて快適なのだからと思い、インドアスポーツでもドライナミックメッシュを使ってみたのだけど、BCでの快適さに比べるとひどかった。

西区体育館が無料開放の日に久しぶりにバドミントンに参加したのだけど、このとき、ドライナミックメッシュの上にTシャツを着て行った。さすがに、メッシュのまま体育館へ行ったら捕まりそうだったので。そして、バドミントンとバスケットボールをやっていたのだけど、ものすごく暑い。ザックを背負っていないので、背中の蒸れは関係ないはずなのに、上半身が暑くて仕方ない。

変態と思われようがどうでもよくなって、思い切ってTシャツを脱ぎ捨てるとガラッと変わって快適。メッシュの通気性の効果で、それまでの不快さから一気に解放された。

結局のところ、ドライナミックメッシュは単体では通気性がいいが、レイヤリングした途端に通気性が一気に低下して保温性を発揮する。つまり、メッシュだからといって涼しくはないということだ。夏山登山で着て行ったmsrnも暑くてダメだと話していた。

涼しさを求めるなら、メッシュ1枚。ゲイシャツと割り切るしかない。しかし、当然ながら、ゲイシャツには勇気が必要だ。体育館では女子中学生の視線がものすごく痛かった。変態を見る目だった。さすがのH本もぼっちでゲイシャツは無理だ。

まあ、そんなわけで、バックカントリーにはとてもオススメのドライナミックメッシュ。BCゲイシャツ。乳首が擦れて痛くなったりもしなかったので、汗冷えに悩んでいる人は試してみることをおすすめする。


ノースリーブタイプも試してみたいかも。

|

« ConCafé Moshiri | トップページ | 死の舞踏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ConCafé Moshiri | トップページ | 死の舞踏 »