« ジャージ最強伝説の崩壊!? | トップページ | 第一弾アーティスト発表! »

WindowsのIMEの入力切替をMacのように

2年前からの不満をようやく解決できた。

再びParallelsを導入してWindows環境をBoot Campから移行したのが2年前。せっかくMacBook Proだけでほとんどの作業ができるようになったのに、IMEの入力切替がとにかく不満だった。

Macではスペースキーの左右の「かな」、「英数」キーで全角と半角を切り替えることができるのに、Parallels上のWindowsでは、MacBook Proのキーボードに「半角/全角」キーがないので、いちいち画面の右下をクリックして切り替えていた。

さすがに面倒でもう我慢ならなくなったので、iMacにWindowsキーボードを導入した際に見つけた方法を使ってみたら、Parallels上のWindowsでもMacと同じように入力切替できるようになった。これは快適。

ここの説明の通りやってみると簡単に設定終了。ありがたい。やっぱりみんな同じように不満を感じるようだ。

Windowsime

そういえば、Windows 10への無償アップグレードはParallelsのメモリ割り当てが1 GBだったので、トラブル回避も兼ねてスルーしていたけど、もう期間が終了しているようだ。でも、まあ、特にWindows 8で不満はないし、とりあえずは放っておこう。

|

« ジャージ最強伝説の崩壊!? | トップページ | 第一弾アーティスト発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャージ最強伝説の崩壊!? | トップページ | 第一弾アーティスト発表! »