« ドライナミックメッシュかぶれ | トップページ | アリュート・ヘブン »

GENIUS WOODのプロトタイプ

昨シーズン、板板の耐久性が予想以上に高かったので、いよいよGENIUS WOODに挑戦。

実は、GENIUS WOODの本物もあるところにはあるらしいのだけど、金ではなく痛板で実現するのが痛板乗りとしてのプライドw

今回も使用するのは木目調ステッカー。5mもあるので、去年の残りがまだたくさんあるw

そして、このためにオフシーズンのうちにGeniusをインサートビス化してもらってある。バインディングの位置は、基本的にはもうデザインの制約にならない。

貼るときは板の幅ぴったりではなく、両サイドに5cmくらいはみ出してカットした方がいい。板に合わせてデザインしたステッカーを貼るちゃんとしたフルラップではないので、スキーのトップシート全面を木目調にできさえすればいい。なので、スキーのトップをはじめに貼り付けて、あとはまっすぐテールに向けて気泡が入らないように貼っていくだけ。多少曲がっても、5cmくらい余裕があれば大丈夫。

ステッカーを貼り終えたら、カッターでスキーの形に合わせてカットする。スキーのサイドウォールにカッターの刃を当てて切れば簡単。

image

ただ、このままだとトップシートの端のステッカーが引っかかって剥がれそうなので、内側に3mm前後トリミングした。Geniusのトップシートは平面ではなく、端が少し丸まっているのでちょうどいい。

image

見た目にはよく分からないけど、これで板を持ったときのステッカーの引っ掛かりがなくなった。

当然、雪板ではないのでバインディングを取り付けるため、インサートビスのビス穴に合わせてカッターでステッカーに穴を開ける。どうせバインディングで隠れるので、多少雑でも問題なし。

image

そして、ようやくバインディングの取り付け。といっても、穴に合わせてねじ止めするだけなので簡単。ただ、インビスにしたので、締めすぎないように注意。

image

いよいよGENIUS WOODのプロトタイプが完成。床に置いていると木目がフロアーに同化してしまうけど、壁に立てかけるといい感じ。

image

ベクターグライドのロゴがないと寂しいけど、しばらくはこのまま使ってステッカーの耐久性をみてみよう。テレマークのバインディングの取り付けはパウダーが滑れるようになってからで。

|

« ドライナミックメッシュかぶれ | トップページ | アリュート・ヘブン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドライナミックメッシュかぶれ | トップページ | アリュート・ヘブン »