« 16/12/3 札幌国際スキー場 | トップページ | H本でもわかるバックカントリースキーテクニック »

毛沢東スペアリブ

前から気になっていた毛沢東スペアリブを食べに行った。

三段山クラブ決起集会の翌日、朝から雨が降りしきる中、10時に田中家を出発して、母子里へ向かった。コンカフェのメニューに追加されたという、話題の毛沢東スペアリブを食べてみたかったのと、使わなくなったオーブンレンジを届けるためだ。

幸い、気温が高くて雨が降っていたせいか、道路は凍ってなくて走りやすい。おかげで11時すぎには朱鞠内湖へ到着したのだけど、せっかくだから今回は前に来たときにT田さんから教えてもらったGonta Cafeへ行ってみようということになった。朱鞠内湖のキャンプ場付近に店はなく、ネットで調べると西風連にあるらしい。念のため電話すると、グーグルマップの表示で間違いないらしい。思ったより遠かった。

それでも20分で着くと聞いたので、対向車のない道路をひたすら走り、それらしい建物を見つけることができた。車を停めようと駐車場へ入ろうとすると、大きな犬を引っ張る女性が案内してくれた。この大きな犬がGontaのようだ。

image

image

店舗は手作りのような簡易的な建物のようで、ストーブが付けてあるものの寒い。内部はフライフィッシングをする人ならときめくようなものが飾ってあったのかもしれないけど、自分にはさっぱり分からないので、とりあえず、腹ごしらえに白菜とサーモンのニョッキを注文した。白菜がなくてキャベツだったけど。msrnが食ったカレーも辛めで美味かった。

image

image

image

食事は美味しかったけど、はじめは自分たち二人だけの客が、食べ終わる頃には次々と訪れた客で満席になり、一人で対応するのは大変そうに思える賑わいだった。よくも悪くも、コンカフェのようにはのんびりできない。

来た道を戻って、今度こそコンカフェへ向かう。夏とちがって木々の葉がもう落ちているので、緑の外観ですぐに見つかった。

オーブンレンジは着払いでという話だったけど、宅配を装って驚かせようと思っていたら、T田さんはこちらの考えを読んでいたようで、全然驚いていなくてがっかり。でも、少し残っていた毛沢東スペアリブをついにご馳走になる。

image

そもそも、この毛沢東スペアリブというメニューは、夏に来た時にT田さんに見せられたドラマに登場したものだ。「孤独のグルメ」を見ながらコンカフェのダメ出しをしていたら、帰った後にいろいろ美味しそうな新メニューが登場し、その中の一つがこれだった。前日に大西さんも食べて、かなりのダメージを受けていたので、ぜひ食べたいと思っていた。

Gonta Cafeですでに満腹だったけれど、このスパイスに食欲を掻き立てられて完食。確かに、これはビールが飲みたくなる味だ。まだ試行錯誤しているそうだけど、なんともいえない辛さとしょっぱさ。

ただし、スペアリブは、前歯が差し歯で使えない自分には手強い。油断すると差し歯が取れて、今度こそブリッジかインプラントになりかねないので、慎重に食べた。

デザートにはレアチーズケーキとシフォンケーキの残りに加えて、これも新メニューのブルーベリーアイスクリーム。

image

アイスクリームというにはちょっとまろやかさが足りなくて、なんとなく脂っこい感じがしたけど、まだ試作段階のようだから今後改良されていくことに期待。せっかくブルーベリーが食べきれないほど採れるのだから楽しみだ。

コンカフェが忙しくてなかなか会えないので、もう少しゆっくりしていきたいと思いつつも、札幌への帰りが遅くなってしまうので、15時前には母子里を出発した。

途中、あまりに眠いので、せいわ温泉ルオントでリフレッシュ。1時間ほどいたせいか、msrnの実家に寄るつもりだったけれど、遅くなって辺りも暗いので、ちょっと顔を出すだけで、すぐに札幌へ向かった。家に着くとクタクタ。体力が落ちてるなぁ。

|

« 16/12/3 札幌国際スキー場 | トップページ | H本でもわかるバックカントリースキーテクニック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16/12/3 札幌国際スキー場 | トップページ | H本でもわかるバックカントリースキーテクニック »