« 17/1/15 前十勝岳 | トップページ | 17/1/22 一ふじ »

17/1/21 成龍飯店

成龍飯店へラータンを食べに行った。

6時に自宅から出ると、車の温度表示がマイナス10度を示していて、かなりの冷え込みにちょっと心配になる。えすきっくすの家に早く着きすぎてしまい、ちょっと待ってから車チェンジして北12条駅へ。6時半にあやしいおじさんをピックアップして、4人で札幌を予定通りに出発した。

助手席に座っていても、全然通ったことがない道路で、川に沿って蛇行するので方向感覚も狂う。えすきっくすが道路を調べてくれてたので、まったくナビらしいことせずに登山口まで案内してもらった。

image

朝日が昇ってからずっと青空の下を車で走り、今、目指す山が青空へ向かって聳える。稜線の向こうにピークとその直下の斜面が見える。ちょっと距離感が麻痺してしまうけど、なんとかピークまで行って滑り降りたい。

初めての山だし、初めのアプローチが平坦で少し長いし、メンバーはスキーばかりなので、この日もスノボにせずにスキーにした。ただし、先週末にカミフで曲がったビンディングの調子が思った以上に怪しいので、来週末に備えてアルペンにビンディングを換装してある。履いてみるとテレマークよりかなり重く感じるけれど、ハイクを始めると板は雪面を滑らせるのでそれほど重さは気にならなくなった。

8時過ぎに出発してからてくてくひたすら林道を歩いてようやく尾根の取り付き。かなりがんばったつもりだったけど、だいたい1時間くらい。薮薮の尾根を右往左往しながら進み、11時くらいにやっと稜線へ出た。もうここから滑ってピークへ行かないという選択肢もあったけれど、良さげな斜面を目の前にそんな日和った選択はできない。天気も快晴だ。確かに、帰る頃にこっちの斜面の雪が腐っているかもしれないけれど、こんなチャンスはそうはないので、迷わずピークを目指してハイクを再開。

image

でも、稜線上は雪が飛ばされていて、少し雪庇ができてたり、アップダウンが多少あるのでちょっと大変。途中からは樹林内をジグを切りながらハイクアップした。雪化粧した木の枝の間から青空が見えてすごくきれいで疲れも忘れる。

image

image

新雪は10cm程度だったけれど、ラッセルはえすきっくすにほとんど任せっきりで12時前には登頂。360度のパノラマが広がる。こんな天気がいい日にはピークを踏むのも悪くない。

image

さすがに風はあるので、早速滑る準備にとりかかる。アルペンだとGoProに板が写りづらそうだったし、天気がいいので、久しぶりにGoProはザックに取り付けてみた。ヘルメット越しだとGoProのビープ音が聞き取りづらい。

おそらくこの日一番の斜面ではあったけれど、撮影を優先して、ドロップポイントから見える尾根の展望台状の辺りまでファーストで滑り降りた。浅いパウダーが積もった疎林を気持ちよく滑り降り、尾根に乗ってからもうひと滑り。振り返るとピークの3人が見える。

合図を送って最初に滑ったのはえすきっくす。さすがに慣れた滑りで、地形変化に躊躇せずに思い切りよく斜面へ飛び込む。続くあやしいおじさんは安全な滑りを守っていたのだけど、オープンバーンの一番いいところでまさかの転倒。どうやらクラックに板を取られたようだ。怪我はないようで一安心。最後のmsrnはそれを見ていたかのような慎重な滑りで、カメラを持つ手が冷たくて辛かった。

登り返しの斜面へ取り付いてから少し休憩。日陰なのですごく寒い。稜線へ上がる途中に沢状の地形をトラバースしたのだけど、端に若干吹き溜まりがあったので、それをあやしいおじさんが踏み付けた瞬間に雪が落ちて軽い雪崩が発生。それに動揺したのか、あやしいおじさんまで足を滑らせて滑落。デブリの上に転がり落ちたので、一見すると雪崩に巻き込まれたようだった。

image

その後、なんとか無事に稜線へ登り返し、どの斜面を滑るか、あと何本滑るかを相談する。なんせこの晴天だ。体力的には結構疲れてはいるけれど、「さあ、滑って帰ろう」とはならず、まずは手前の斜面を滑って登り返し、奥の沢も最後に滑って帰ることになった。

斜面が広いので各々滑りたいラインを選ぶ。自分は4人の中では一番端、真ん中の尾根状を滑ることにした。出だし笹が少し気になったものの、尾根を滑り降りていくと思った以上にスピードが出た。尾根が細くなって立木に遮られた辺りでいったん減速して、間を抜けてギャップを飛び降りて尾根を滑り続ける。どうやら減速したときに沢へ向けて少し雪崩たようだ。そこからはオープンだったので、そのまま滑り降りたい気分だったけれど、先に滑って待っている仲間の方へ向きを変えて合流。

今度はもろに日が差しているので登り返しが暑い。雪もどんどん腐っていくのがわかる。突然、脇の木の根元からウサギが飛び出した。急いでカメラを構えたけれど、カメラを向ける頃にはもう走り去ってしまった。なかなか撮影するのは難しい。

稜線まで登り返して最後の1本。カメラはmsrnに任せて、お言葉に甘えてファーストで。出だし斜度があってちょっとビビったけど、だいたいイメージした通りのラインで地形に当て込みながら沢を楽しく滑り降りた。下の方は緩いけれど思った以上に長く滑れて満足。

日陰の方が雪がいいと思ってmsrnを誘導したら、かえってウインドパックされていて滑りづらかったらしい。せっかくの最後の斜面で悪いことをした。

上から後続者のトレースが見えたので、帰りはそれを使ってちょっとだけ楽をする。最短ルートで登っているようだった。ローカルスノーボーダーか、ハイキングか。

image

さすがに疲れたので、帰りに温泉へ寄って汗を流した。もう温泉なしには登れない。その後、成龍飯店へラータンを食べに行ったけれど、肝心のラータンがもうメニューからなくなっていた。壁には貼ったままなのに謎。代わりというわけではないけど、たまたま注文した麻婆豆腐がラータン並みの激辛で、あやしいおじさんと山分けだった。

image

意外と遠い帰り道もえすきっくすが運転してくれるので安心。ラータンが食べれなかったのが心残りだけど、それ以外は完璧な1日だった。

|

« 17/1/15 前十勝岳 | トップページ | 17/1/22 一ふじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 17/1/15 前十勝岳 | トップページ | 17/1/22 一ふじ »